たまにやるから、めんどくさい。楽をしたいなら、毎日やればいい。

ざわめき

掃除は面倒。

時間の無駄。

でも、やらなきゃいけない。

なるべく時短で効率よく。

うまいことサボりたい。楽をしたい。

なんだけど

だからといって週1とか月1で掃除しちゃってる人、ほんとに多い。

「毎日なんてやってらんない」
「だから週に1回しっかり掃除するんだ」

みたいな。

これ……逆効果だから。

週に1回しかしないってことは、1週間分の汚れやホコリを倒さなければいけない。

1日でもホコリとか結構出るのに、それが1週間たまった状態で掃除をするなんてのは、かなりハードルが高い。

本来は水拭きでいいものに洗剤を使わなきゃいけなくなったり、すぐ掃除すればすぐ取れる簡単な汚れも、ガンコな強い汚れになってしまったりする。

掃除の回数は週に1回で済むかもしれないが、ものすごい労力をつかうことになる。

多くの人は週に1、2回休みがあると思うが、その貴重な休みを掃除に数時間あてなきゃいけなくなる。

だからといって平日の仕事終わりにやってしまってはクタクタだ。

趣味に費やす時間は必然的に消失。

仕事と掃除のみで1日が終わってしまい、起きたらまた仕事みたいな鬱展開。

めんどくさい気持ちはわかるが、めんどくさいからこそ、掃除は毎日やるべき。

なぜなら———

毎日やってれば、汚れもホコリも、全然たまらないから。

毎日やらなきゃいけないが、そのかわり、汚れやホコリが少なすぎて、超簡単に超適当に掃除しても、スグに清潔な状態になる。

毎日、適当にズボラで楽な掃除をしていても、毎日、清潔な状態を保てる。

床なんてわざわざ洗剤を使わなくてもドライシートで一拭きで良いし、洗面台とかも激落ちくんとかで軽くサーっとこすれば、すぐ終わる。

掃除なんてのは効率化しちゃえば、毎日やったとしても、あっという間に終わる。

「汚れたらすぐに掃除」を徹底していれば部屋は汚くならない。

毎日やっていても省エネモードでいられる。

ということで———

掃除がめんどくさいなら、めんどくさいからこそ、毎日やろう。

以上、今日のざわめきでした。

それでは、しばしの別れ。

広告