壁にあいた「ネジ穴」を埋めるのにコレを使った。

ミニマリストにまつわる記事【一覧】 推しアイテム

 釘、ネジ、画鋲などを刺したことが原因で空いた穴。

 が壁にあると、うざいよね。

 小さいんだけど、小さな穴なんだけど、その小さな穴の向こう側に広がる暗闇が……なんだか気持ち悪い。不気味だし、小さな虫が出てきそう。怖い。微妙に風がスースーしてきそうだし。嫌だ。

 ということで———

 その小さな壁穴を埋めることにした。

そう、これを使って。

 これは『Amazon』で400円くらいで買った。

 ダイソーにもそれっぽいの売ってるけど、行くのめんどくさいからAmazon Amazon。

 使い方は簡単。

 絵の具みたいになってるので、キャップを開ける。して壁穴にブチ込む。だけ。以上。おしまい。

ここに、
こうすると、
こうなる。

 たったこれだけで気持ちの悪い暗闇(壁穴)をデリートすることができた。とても簡単。楽勝じゃん。

 ちなみに———これ以外にも、試した物がある。似たようなものだが。これ。

 こっちはヘラがプラスチック。さっきのはスポンジみたいなやつ。で——比較的、プラヘラのほうが細いので使いやすかった。まぁ、お好みで。ダイソーが近くにあるならダイソーで充分。

 以上。壁穴封じおすすめグッズの紹介でした。

 それでは、しばしの別れ。