「Twitter頑張る」に違和感。

ざわめき

たびたび見かける「Twitter頑張る!」という発言に違和感。

果たしてソレは、

大切な「フォロワー」に向けて、

宣言してもよいことなのか……?

ということで———

ソレについて、ざわめきを。

smartphone
結論:いや宣言するなよ。しまっとけ。

Twitterを頑張る目的って、

  • フォロワーを増やす
  • 濃密なファンを掴む
  • 集客する

要は———

「ビジネスに繋げる」ってことでしょ。

そのための手段として「Twitterを頑張る」んでしょ。

もちろん、目的のためにソレが必要なら、やるべき。

誰もソレを否定しない。

でも———

「Twitter頑張る!」っていう宣言は……いらなくね?

むしろソレ…………逆効果じゃね?

なぜか?

理由:人間は、人間として扱われたい。

つまりは———

ビジネス目的でTwitterを運用している人にとって、ファンやフォロワーなんてのは、結局、数字でしかない。

でもファンやフォロワーは、「数字」じゃなく「人間」として接してほしい。

で、「Twitter頑張る!」っていう宣言は、

「数字を増やす努力をします!」
「数字が減ると嫌なので、引き続き宜しくお願いいたします!」

と宣言しているのと同じ。

当然、過剰にファンサービスをしろと言ってるんじゃない。

われわれ人間は暇じゃない。

全員のリプやDMに丁寧に返信している時間はない。

だから別にファンのアクションをシカトしても構わない。

ただ———

やはり「Twitter頑張る!」という発言にメリットを全く感じない。

むしろ「あなたたちは数字ですよ!」と宣言しているようなものなのでデメリットでしかない。

数字扱いされたファンやフォロワーは、途端に、「機械的」に感じてしまい、あたたかみを求めて別の対象へ離れてゆく。

「なんだかこの人、業者っぽい」
「こういう≪マーケティング感≫が強いアカウント嫌いなんだよね」

と、感じる人も多いハズ。

「Twitter頑張る!」とTwitterで言っている人に、いいねやリプをされても、

「あぁ頑張られてるな……」
「……今日も頑張ってるね、きみ」
「数字稼ぎご苦労様です」

としか思えなくなるし、

「絡みたい」という気持ちはサガミオリジナルよりも薄くなる。

俺氏は、そういう人のフォローは解除するし、むしろブロックする。

「全員が全員そうじゃない」という大前提条件は置いておいて、

だいたいそういう人のツイートって面白くないし、ぜんぜん有益じゃない。

ググったら一番最初に出てきそうな(しかもめっちゃ曖昧な)ことばっか言うし。

俺氏はやはり人間味のあるフレッシュなツイートが好み。

たとえその人が「フォロワー50人」とかでも、ぜんぜん気にならない。

フォロワーが多くてもリアリティのないうんこみたいな発信内容に全く興味ないからね。

ということで———

「Twitter頑張る!」という宣言を、わざわざご丁寧にやらないほうがいい。

それを見聞きした人は今後Twitterで、どういう気持ちで接すればいいのでしょう。

そのへんをデリケートに考えられるほうが濃いファンは集まるのではないかな———。

という、ざわめきでした。

それでは、しばしの別れ。

広告