シャンプーは、いらない。

ざわめき ミニマリスト

髪や頭皮は、洗剤がなくても、じゅうぶんに洗える。

37度くらいのぬるま湯で、じゅうぶん清潔になる。

洗剤を使うと過剰洗浄になってしまう。

過剰洗浄は皮脂の過剰分泌を招く。

ザックリ説明すると———

過剰洗浄によって「人間の頭皮に必要な脂」が無くなることで、体内のジョブ(「脂を出せ!」という命令)が動き出し、不必要な脂まで放出されてしまう。

つまり———

臭くなりやすく、脂っぽくなりやすくなる。

洗剤を使わなければ(ぬるま湯でしっかり洗えば)ソレが起きないから、結果的には洗剤を使わないほうが清潔でいられる。

こんなことを言うと……

「洗剤(シャンプー)を使わないと臭いじゃん」

という人間がいるが……正直、まったく臭くならない。

なぜなら———

前述にも書いたが、髪や頭皮なんてのは、ぬるま湯でもじゅうぶん清潔になるから。

むしろ———

「ぬるま湯だけ」のほうが頭皮が荒れないし、無駄な乾燥が起きないし、洗剤特有の「洗い残し」も発生しないから、臭いは発生しづらい。

髪や頭皮の環境もよくなる。

ぬるま湯でしっかり洗っていれば、洗剤の香りでごまかす必要はない。

それに———

頭に残った洗剤を完全に流しきるには、かなりの時間、水量、労力が必要。

ぬるま湯で洗えば、洗剤がないぶん、すすぎの時間が圧倒的に軽減される。

根本的な話———

人間の頭皮は、ぬるま湯で清潔になるように構築されている。

なのに———

わざわざ「洗剤を使って頭を洗う必要性」はどこにあるというのか。

頭を洗う = 洗剤

は、完全な思考停止であり、情報操作、固定概念の植え付け、企業からの洗脳行為だということを認識するべき。

ただし———

ワックスやヘアスプレーなどを使った際には、あたりまえだが、洗剤は必須。

「ノーシャンプー生活」を送りたいのであれば、ワックスなどは、つけてはいけない。

もしくは、お湯で洗い流せるもので髪のセットをする必要がある。

前述のことから———

ノーシャンプーを薦めているモデルや美容師は結構いる。性別問わず。

シャンプー洗剤を使わないだけで、洗剤代、ガス代、水道代、神経、労力、時間(命)を節約できる。

さらに、頭部の治安がよくなる。

これからも俺氏はノーシャンプーで生きてゆく。

それでは、しばしの別れ。

広告