体重計は無駄。捨てたほうがいい。鏡に映った結果が結果だ。

ミニマリスト

「体重計に乗る」という行為には、なんの意味もない。

まじで無駄。乗る奴は馬鹿。持ってる奴は馬鹿。

さっさと捨てるか、ジモティーやメルカリやペイペイフリマとかで売るかしたほうがいい。

見た目がすべて。

本質は———数字じゃなくて、ビジュアル。

「体重計に乗る」という行為の背景(目的)には、

「痩せたい」

もしくは、

「太りたい」

という願望がある。

「痩せたい」は、「痩せてるビジュアルを手に入れたい」だし、

「太りたい」は、「筋肉質な(マッチョな)ビジュアルを手に入れたい」だし。

つまりは———

「ビジュアル的な事実」

これを欲している。

数字はクソどうでもいい。

だから数字(数値)には何の意味もない。

そして毎日変動する数字も意味がない。

汗やウンコやオシッコ。食事や水分摂取量やカラダの状態などで体重は敏感に変動する。

チマチマ体重計に乗って体重(数字)の変化を恐る恐る把握したところで、まじでまじで無意味なのです。

前述で書いたとおり、鏡や自分のレンズに映った結果(ビジュアル)が全てなので。

だから———

60㎏でもデブはデブだし、ガリはガリ。

100㎏あってもデブはデブだし、マッチョはマッチョ。

もし痩せたいなら「ビジュアルが痩せるまで」筋トレと食事のコントロールをすればいい。

なのにも関わらず、

「せっかく2キロ瘦せたのに戻っちゃった……」

みたいな「くだらない感情の無駄遣い」をする人間が多く存在する。

ほんと無駄なのでやめたほうがいい。

2キロなんて簡単に減るし簡単に増えるので。

本質を理解しよう。体重計は捨てよう。

筋トレ中の女性

理想のビジュアルを構築するために必要なことは、主に「筋トレ」「睡眠」「食事コントロール」。

痩せたいなら、食いすぎないで運動してるだけで痩せる。

太いマッチョになりたいなら、めっちゃ食ってめっちゃ筋トレすればいい。

理想のビジュアルを構築することができれば、数字なんてのはクソどうでもいい。

めっちゃ締まっててモデル級に痩せたビジュアルを持っている女性でも、体重は70㎏、なんてことはよくある話。

理想のビジュアルを持っているという事実が欲しいのであって、なにに使うのかよくわからない数字が欲しいのではない。

体重(数字)を管理しなきゃいけない格闘家やスポーツ選手とかは当然、体重計は必須。

だが、それ以外の人間に、体重計は、不要。

数字に酔いしれたり苦しめられてる暇があるなら、筋トレをしたり食事のコントロールをしたりとか理想のビジュアルを手にするための努力をしてください。

それでは、しばしの別れ。

広告