無地の服は、効率を悪くする。

ざわめき ミニマリスト

シンプルなものが好き。だから無地の服が好き。

でも———

無地の服は止めようと思う。

なぜなら———

効率が悪いから。

なぜ効率が悪いか?

それは———

無地だから。

無地のメリットは、無地なこと。

どういうことなのか。

まだいまいちわからないと思うので無地のメリットとデメリットをまず簡潔に。

で———

無地のメリットは無地なこと。

つまり———

「情報が少ない」ことがメリット。

無地ということは絵やテキストなどがないので、そのぶん情報が少ない。

情報が少ないということは、「情報処理」も少なる。

ということは———

脳が疲れない。

人間は無意識に、見えたものに対し、情報の処理を行っている。

処理する必要がないと思っていたとしても、無意識に必ず行っている。

例えば———

「Wonderful sea」と書かれたTシャツがあったとする。

そのTシャツが目に入るたび、人間は無意識に「Wonderful sea」というテキストを読み上げている。

しかもこの場合、日本人は「日本語に変換する処理」も無意識に行うはめに。

だから———

無意識に疲れている。

ということで———

シンプルで情報の少ない無地というのは、省エネモードでいさせてくれる優秀なもの。

省エネモードにさせてくれるのでパフォーマンスが上がる。

つまり———

効率がよくなる。

しかし———

無地のデメリットは、無地なこと。

無地にもデメリットは、ある。

それは———

無地なこと。

そう。無地のデメリットは無地なこと。

情報が少なすぎても、かえって脳処理を行ってしまう。別のタスク(脳処理)を行ってしまうから。

どういうことか?

例えば———

黒で無地のタンクトップ。

真っ黒。なんの模様もない。

パッと見、

「黒いタンクトップだな」

という情報しか得られない。

これは前述であげたとおりメリットではあるのだが、しかし———

これはデメリットでもある。

なぜなら———

この無地で真っ黒なタンクトップを着ようとする時、パッと見、どっちが表でどっちが裏なのかわからない。

そして———

どっちが前でどっちが後ろなのかもわかならい。

無地であるということは、その「前後表裏の判断」をしなければならない。

これはかなりめんどくさい。

タンクトップに、いちいち顔を、目を近づけて、

「こっちが表か。で、こっちが前か」

みたいに判断しなければならないのは、かなりめんどくさい。

「判断疲れ」という言葉を聞いたことがあるだろう。

人間は判断をする回数が増えると、判断をする時間が増えると、そのぶん疲れるしストレスを感じる生物。

「判断」というものはとても疲れること。

無意識に披露とストレスをためこんでしまう。

こんなことをいうと、

(中にある)タグ見たらわかるじゃん」

というのんきな人がいるが、それは間違い。

まず、タグなんて邪魔くさいものは、ハサミで切り落とす。

タグがあっては着心地に支障がでる。

だからタグ前提の議論は受け付けない。

とまぁ———

以上のことから無地の服を着るということは、かえって効率を下げてるなと思った。

ということで———

効率を考えるなら、ワンポイントあったほうがいい。

そう、前後どちらかにワンポイントあると瞬時に区別がつきやすいので、脳処理の負荷は少なくなる。そして効率が上がる。

肩とか腕とかは、だめ。

なぜなら———

サイドだと、結局どっちが前でどっちが後ろかわからなくなるから。

前後のどちらかに最低限のワンポイントがあるのがベスト。

例えば———

前述のとおり、無地で真っ黒なタンクトップ。

これの前後に最低限のワンポイントロゴとかがあれば、それがベスト。

このようなものはよく売ってるので、探しやすいし買いやすい。

ということで———

無地はシンプルで好きだけど、無地の服はやめようと思う。

近頃、今持ってる服はすべて捨てて、効率を重視した服を買いそろえようと思う。

という———ざわめきでした。

それでは、しばしの別れ。

広告