口内環境の乱れは、人生の乱れ。【あなたのケア正しいですか?】

おすすめ & レビュー ざわめき

口内環境が乱れると、人生も乱れる———。

恋人にフラれ、友達に嫌われ、社内で嫌われ、取引先に嫌われ……。

それら最悪なシチュエーションを防ぐため、口内清掃は徹底的にやるべき。

でも、日本人の多くは徹底できてない。

そう、あなたも…………。

口臭は本当に嫌われる

口臭は本当に本当に嫌われる——

口内環境を整えないと、人生は上手くいかない。

大げさに聞こえるかもしれないが、事実。

そして———
大げさに感じたならば、あなたは要注意。

  • なぜ、口内環境を整えないといけないのか
  • どういうケアをすればいいのか
  • 歯磨きをサボらないためには、どうすればいいのか
  • 最強の口内清掃グッズの紹介

このようなことが書いてあります。

ちなみにだが———
歯磨き「だけ」では、アウトです。

ビジネスで、良い結果が出ない。

まず口内清掃をサボってると、自分では気づけなくても、間違いなく口臭は酷くなる。

例えばビジネスの場面で、どんなに合理的でメリットだらけの良いことを提案しても、取引相手から異臭が放たれていては、臭いばかりに気が取られて話は頭に入ってこない。

「早く(この臭いから)解放させてくれ……」

と、話を流されサヨウナラ。取引失敗。

取引相手は不快な異臭体験を人生において何度も繰り返し味わいたくはない。

よって、二度と話をする機会は訪れない。

切ないが、これが現実———。

恋人にフラれる。

もちろん恋人にも、よく思われない。

臭うから近距離にいたくない、と。

さらにデート中、自分のパートナーが喋る度に店員が臭そうにしてたら嫌じゃないか。

以上のことから———
ビジネスや恋愛においても口内環境は極めて大事。

とにかく清掃。さっさと清掃

とにかく清掃。さっさと清掃——

シンプルに、口内を掃除しまくりましょう。

寝る前、起きた後、毎食後、水やお茶以外の飲み物を飲んだ後も掃除。

大変? 面倒? 時間がない?
そんなのは理由にならない。

人生において重要(必須)なことは以下のみ。

  • 口内清掃
  • お風呂
  • 適度な食事
  • 適度な運動

口内清掃の優先順位は、人生においてMAX最優先。

これをしっかりやってから他のことをする権利が与えられる。

つまり———
当然これが出来ないなら仕事も恋愛もやる資格なし。

具体的な口内ケア方法

具体的な口内ケア方法——

詰めの甘い不潔な人が日本にはたくさん存在し、口内清掃が全く徹底できてないから口臭がキツイ人は比較的多い。

そうならないよう、必須のケア方法を以下に書きました。

  • 歯磨き
  • はぐき等の掃除
  • 歯間掃除
  • 舌磨き
  • マウスウォッシュ
  • 胃の掃除、整備、管理
  • 炎症チェック

これら当たり前のことを、出来てるつもりで出来てない人がいっぱいいるから順に説明してゆく。

歯磨き

とにかく歯ブラシで隅々まで掃除。

時間はかかる。でも、しょうがない。
歯磨きというのは時間がかかるもの。

1本1本丁寧に磨く。
歯ブラシを小刻みに振動させながら、巧みに角度や強さを変え、徹底的に磨く。

手動で振動を作り出さなきゃいけないことから当然、腕は疲れる。

でもしょうがない。筋トレだと思って我慢するしかない。

歯が清潔になり、腕の筋肉がつく、最高だ。

はぐき等の掃除

はぐき、その他口内のブラシが届く範囲を、やさしく掃除。

はぐきと歯の境界らへんは、ちょいしっかりめにブラッシング。

歯間掃除

歯間ブラシ、糸ようじ(フロス)などで「歯と歯の間」のゴミや汚れを徹底的に取り除き、掃除。

歯ブラシだけでは掃除できないから必須。

当然、放っておくと歯間にあるゴミから異臭が発生する。
もちろん虫歯の原因にもなり、虫歯からも異臭がしてくる。

歯だけではない。
はぐきの炎症も起きて、それによってまた異臭がする。

負の連鎖で口内環境が荒れまくり。
フロスをしないってことは、単純に生ごみが歯の隙間に蓄積されてくってこと

舌磨き

舌を磨いてない人は、どれだけ綺麗に歯を磨いていようが、臭い。
舌の上にたまる白い汚れは口臭の大きな原因。
毎食後、キッチリ舌を掃除しましょう。

ただ、強く磨きすぎると、舌が傷ついたり出血する。
傷や炎症があると、それもまた口臭の原因。
優しく丁寧に掃除しましょう。

炎症チェック

上と同じく炎症は口臭の原因。

さらに、炎症が酷いと食事もスムーズに行えない。

口内炎とかを見つけたらすぐに原因を調査して治療。

日々、対策。

マウスウォッシュ

歯磨き後にマウスウォッシュを使うと、汚れや着色を少し防いでくれる。

スースーするから気持ちが良いだけではなく、香りがあるので口臭が紛れる。

体感的な話ではあるがコーヒーとか飲む人はマウスウォッシュをするだけでだいぶ着色量は減る。

マウスウォッシュで、ぐちゅぐちゅぺー、必須。

胃の掃除、整備

口内ではないが、胃も大切。

どれだけ口内を清潔にしていても胃が掃除、管理されてないと口臭は発生してしまう。

よくある代表例が、ニンニク。
本当に臭いから、人と会う当日、前日は食べるのはやめましょう。

「ニンニク入ってるの知らなくて食っちゃった……」

そんな時は臭いが消えやすい飲みもの(牛乳、ココアなどを)を飲みまくる。

それか水を飲みまくって薄める。

さらに、ブレスケアを飲んで胃の中を芳香させる。

口内清掃をサボらないためには、ハードルを下げまくればいい。

口内清掃をサボらない方法? ハードルを下げまくればいい——

 前述にあった口内清掃を徹底できない人は日本にはたくさんいる。

「朝晩だけでいっかー」

みたいな安直な怠慢をしてる人が本当に多い。

でも、わかる。
忙しい時、体調が悪い時、どうしてもめんどくさい時が俺氏にもあった。

しかし、ハードルを下げまくったことで、その怠さは完全に解決できた。

じゃあ、怠い時でも気軽にパッと口内清掃を開始できるようにするにはどうしたらいいのか。

  • 金をかける(例えばお洒落な口内清掃グッズを買って楽しくする。電動歯ブラシを買う。業務用使い捨て歯ブラシを買う)
  • 口内清掃中、ラジオや動画を聞く(暇つぶしになる。耳が楽しいので清掃中が楽しい)
  • 部屋、洗面所の環境整備(歯ブラシ等の口内清掃グッズ、ゴミ箱、ティッシュなどの場所を洗面所から手の届く位置に置く。一歩も歩かない位置。ひとことで言うと、洗面所の最適化)
  • 「適当でもいいから、ちょっとでもいいから磨こう」と食後すぐに洗面所に向かう。

こんな感じでハードルをどんどん下げていけば歯磨きへのフットワークは軽くなる。

いかに楽に磨けて、いかに管理が楽か。これが重要。

「食後30分は歯を磨いちゃいけない」

みたいな情報もあるが、そういうのも無視して、まずはすぐに磨く。
時間をあけてしまうと、忘れてしまうし、他のことに集中してるだろうから億劫になってしまう。

「それで結局磨かない」みたいのことになるくらいなら、すぐに磨いてしまったほうがよい。

口内清掃に役立つ最強アイテム——

口内清掃に役立つ最強アイテム——

俺氏が愛用している&愛用していた最強口内清掃アイテムを紹介する。

これを買っておけば間違いありません。しかも安い。

あんまりたくさん買ってしまうと在庫がなくなってしまうので大量に買うのはやめてください。
俺氏のぶんが無くなってしまいます。

花王 クリアクリーン『ダイレクトウォッシュ』

これはマウスウォッシュ。
名前のとおり、ダイレクトで口内へウォッシュ(液体)が飛んでいってくれる。
ほとんどのマウスウォッシュは以下のような流れでタスクが発生する。

  1. キャップを開ける
  2. キャップもしくはコップにマウスウォッシュを注ぐ
  3. 口内へ注ぐ
  4. ぐちゅぐちゅぺー
  5. キャップに付いた液体を切る、もしくはコップを洗う
  6. キャップを本体に回し戻す

でも、ダイレクトウォッシュであれば初回にキャップを開けて、ロックを解除してしまえば、あとはもう液体がなくなるまでの間は毎回……

  1. 口にマウスウォッシュを注ぐ
  2. ぐちゅぐちゅぺー

以上。かなり効率的。

追記(2020年7月12日):最近、ダイレクトウォッシュが売ってない。
で、色々調査した結果、ダイレクトウォッシュ以外にも良いのを発見。
同じく花王クリアクリーンの『Frouge(フルージュ)』と花王の『ピュオーラ』。
この2つはダイレクトにいけるからかなり効率が良い。

むしろ味的には(後味、苦みなど)これらのほうが使いやすい。
特にピュオーラは後味が残りにくく柔らかい口当たりでおすすめ。

女性が持ち運ぶとしたらフルージュがいい。
小さめでキャプ付きでノズルロックがかかってるから漏れるリスクがかなり低い。
カバンの中に入れても安心。

フルージュ。

ピュオーラ。

業務用使い捨て歯ブラシ

これは革命的だった。盲点だった。
なぜもっと早く買わなかったのか。後悔と感動の融合的感情を抱いた。

使い捨てだから歯ブラシを洗わずに捨てられる気楽さ。
歯ブラシをたてたり、つるしたりしなくていいからスペースの節約になり、なおかつ洗面所の掃除が劇的に楽。

さらに———
毎回、清潔な歯ブラシで磨ける。
歯ブラシに雑菌や汚れが付着してないから口内はより綺麗になる。
この手軽さが圧倒的に歯磨きへのハードルを下げてくれる。

業務用だから500本くらい入ってる。
でも意外と安い。
1本10円するかしないか。
大したコストではない。

freshフロスピック 

これは安いのに、かなり使いやすい。
糸の集合体が柔らかくて、歯茎にあたっても痛くない。
ゴミもしっかりとれる。

もっと安いのはあるが、ゴミがぜんぜんとれないし、細すぎてはぐきに当たって痛い。
糸が歯との摩擦で切れることもあるし、おすすめできない。

他にも良いものはあると思うが、コスパ最強なのはこれだろう。

ちなみに俺氏は箱買いしました。
(箱買いだと安くなるので)

ピーチのブレスケア

定番のブレスケア。
たとえるなら胃の中に芳香剤を投げ込む感覚。
口臭すっきり系の中では安めの商品だが、結構臭いを抑えてくれる。

ミント、強いミント、ピーチ、ローズ、レモンなどがある。

特にピーチはおすすめ。

ミントは、特有の胃の中がやたらスースーするうざったさがある。

でもピーチには、それがない。

あとピーチは口に入れた時(舌に乗ってる時)ピーチの味だけがして、苦みとかは感じないし快適。そして、おいしい。

飲むタイプ以外にも、「噛むブレスケア」や「舌で溶けるブレスケア」みたいなものも売ってるが、やはり飲むタイプのほうが胃にダイレクトに届いて徐々に溶けてくれて最終的には臭いをしっかり抑えてくれる。

あと、噛んだり舌で溶かしてしまうと、本末転倒かなぁと。後で口臭が発生してしまう。

さいごに——

さいごに——

ところで歯の資産価値については認知していますか?

大体だが、1本あたり100~150万円。

歯は28本あるからだいたい4200万円くらいになる。

もしも———

あなたのタンス預金には4200万円、入ってます。
タンスのケアを劣ってしまうと、カビが生えたり、虫がわいたり、お金が食われてなくなってしまうかもしれない。
でもちゃんとケアしてたらあなたの4200万円は無事。

っていう状況だったら、ケアしますか?

口内環境のメンテを劣ってたら余計なお金がかかり、日常生活に支障が出る。

食べたいものが食べられなくなったり、飲みたいものが飲めなくなったり。

恋人にふられるかも。職場で嫌われるかも。大事なビジネスで失敗するかも。

そうならないように、口内環境を徹底的に整備しておくべきです。
とにかく清潔。さっさと清掃。

それでは、しばしの別れ。

広告