暇な人ほどよく悩む。

ざわめき

なんか、「いつも悩んでる人」っているよね。

悩んでも仕方がないのに。いったい何を悩んでいるのだろう。と不思議に思う。

そういう人って、自分でも、何に悩んでいるのか、わかってなかったりする。

悩んでも「事」は解決しない。

悩みの種である「ソレ」を解決させるには、「行動」しかない。

行動するために、「調査」が必要なことは多い。

だから悩んでないで、とことん調査をして、さっさと行動してしまえばいい。

そしたら解決するのだから。

当然ケースバイケースな話ではあるが、すぐに解決しないとしても、解決には近づくでしょ。

逆にいえば、行動しても解決しないことは、諦めればいい。

だって解決しないなら行動しても無駄でしょ。

だから悩むのも無駄でしょ。

つまり———

「行動せずに悩んでいる人」

もしくは、

「行動したけど(詰めが甘くて)悩んでいる人」

もしくは、

「解決しないことで諦めるしかないのに悩んでいる人」

これらの人は、完全に———暇人。

暇人。

暇だよね。

だって悩む必要のないことを、悩んでいるんだから。

必要がないから、任意。

任意なので、かなり優先度は低い。

やんなくていいことをやってるってこと。

我々は人生を楽しむため、時にところにより必死に何かを、毎日を生きている。

時間は有限で、やらなくていいことをやる時間なんて1秒たりとも存在しない。

それなのに、悩まなくていいことで悩んじゃってる。

それは、やはり、暇だってことだよね。

やらなくていいことをやってしまうほど、暇だってこと。

これはね、正直まったく共感できることではないし、気の毒に思う。

その無駄な時間を、好きなこととか、ビジネスにあてればいいのに。

自分のやりたいことに夢中になっていれば、前述で何度もあげている「やらなくていいこと(悩む)」をやらなくて済むのに。

だから———

もっと物事を冷静にとらえて、時間は有限だってことを再認識して、自分の人生をもっと楽しんだほうがいい。

———と、悩んでいる人を見かけるたびに思うわけです。

以上。

「悩む」という行為に対しての、ざわめきでした。

それでは、しばしの別れ。

広告