ミニマリストが洗面台に置かない物。

ミニマリスト

ミニマリストが洗面台に置かない物を思いつくまま書いてゆく。

「なぜ置かないのか?」と、理由つきで。

あと俺氏が実際に置いてる物も書いておく。

ミニマリストが洗面台に置く物

じゃあ——

まずはサクッと洗面台に置く物から書いてゆく。

  • 歯磨き粉
  • フロス
  • 歯間ブラシ
  • ティッシュ
  • ハンドソープ

以上。5つだけ。

以前は歯磨き粉ではなくリステリンを置いていたが、やめた。

その理由は以下の記事に書いてある。

ミニマリストが洗面台に置かない物

じゃあ——

こんどは置かない物を理由つきで思いつくまま書いてゆく。

歯ブラシ

置いてるけど、置いてない。

厳密に言うと、吊るしてる。

コップや珪藻土などへの直置きをやめた。

で——

鏡にフック付きの吸盤をくっつけて、そこに引っ掛けて吊るしてる。

だから歯ブラシは穴があいてるタイプのものを購入している。

穴にインシュロックを付けて、輪っかになったインシュロックを、フックにかける感じ。

念のため——インシュロックってこれね。100均でも買える。

吊るすほうが衛生面的に良いし、掃除のタスクが減るからとても楽。

コップ

コップがなくても口はゆすげる。

だからコップは不要だよね。

清潔にした手でお湯をくんでそのまま口に運べばいいんだから。

手で済む事なのにコップを使うなんて無駄だよね。

よくコップで歯ブラシを洗ってる人がいるけど、それも意味わかんない。

コップ汚れんじゃん。汚れたら汚れたぶんだけ掃除のタスクが増えるし。

歯ブラシは手とお湯で洗えるし、なんか気になる時はハンドソープとかで洗えばいいし。

歯ブラシは鏡に吊るすので、スタンドとしても役立たず。

コップまじいらねえ。

珪藻土スタンド的なやつ。

前述同様。鏡に吊るすから不要。

あと、いくら珪藻土とはいえ定期的にメンテしないとヌメるからね。カビもはえるし。面倒。

化粧水、乳液、ローション。

使わないから置かない。

意味あんの? ってかんじ。

俺氏は、かなり肌弱いけど、こういうの使わないほうが肌よくなるわ。まぁ、あくまでも体感的な話ね。

そんなのより「お湯だけ洗顔」でしょ。

もうね、お湯だけ洗顔一択。

お湯だけ洗顔するようになってからニキビ全滅したし、ニキビできなくなったからね。

髭剃り後とかさ、以前はめっちゃ荒れてたし、化粧水ぬりまくってたけど、お湯だけ洗顔するようになってから全く荒れなくなって、化粧水とかまじで使わなくなった。

だから化粧水系は不要なので洗面台にも置いてない。

詳しくは以下の記事に書いてある。

シェービングジェル

これも前述と似た話になるが、お湯だけ洗顔をするようになってから、シェービングしても肌が全く荒れなくなったので、ジェルも使ってない。もちろん泡のやつも使ってない。

なにも付けずに電動シェイバーで髭剃りをしている。

これ。

フィリップスのシェイバーは敏感肌の人でも、何も付けずに、気楽に使える。

ドライヤー

ドライヤーは洗面台に置かないで、強力な吸盤のドライヤースタンド的なやつで吊るしてる。

以下のやつを使ってる。

落ちないか心配だったけど、ぜんぜん落ちる気配がない。

コンセントを引っ掛けるところもあって線が邪魔にならない。

まじで買って良かった。

効率化を最優先。固定概念を覆せ。

他にもなんかありそうだけど思いつかないから今回は、このへんで。後日、思いついたら、また更新する。

もし——

何か特別な理由があるなら、どんどん洗面台に物を置けばいい。

でも——

そうじゃないんなら、置かないほうが圧倒的に楽だよね。神経疲れしないし。掃除などの管理も。

本当に洗面台に置く必要があるのか、日々考えながら試行錯誤していけば、自然と効率化(省エネ化)に成功するので毎日がとても楽になるよ。

固定概念を覆し、常にアップデートを。

それでは、しばしの別れ。

広告