ミニマリストになったキッカケでも書いてみるか。

ミニマリスト

ミニマリストな俺氏がミニマリストになったキッカケ的な事をざわめいてみる。

全ては掃除」の効率化から始まった。

ミニマリストになったキッカケは、掃除。

掃除の効率化がトリガーとなった。

もともと綺麗好き(俗に言う潔癖症)なので、毎日、部屋中、隅々まで清潔にしたい。ということで、隅々まで掃除をしていた。

でも——

毎日、部屋中を掃除するなんて、ものすごい労力を使ってしまう。

とくに気分が悪い時や体調が悪い時なんかは、かなり消耗してた。

だからと言って掃除をサボるとものすごい罪悪感に襲われるのでやはり消耗した。

ということで——

掃除の効率化を試みた。

掃除の効率化とは具体的に何か。

実際にどういう効率化をしてみたか。

まず、ググったりツベってりして情報収集。

すると『ズボラ掃除』みたいな動画があり、それがとても参考になった。

内容としては、「キッチンにスポンジと洗剤以外は置くな」というもの。

洗剤は食器と手洗い両方できるやつ。

で、洗剤はシンクの中に置いていた。

シンクはピカピカで超清潔にされていたので洗剤直置きでも全く嫌な気持ちにならない。

スポンジも、吸盤付きのなんちゃらホルダー的なものは使わず、たしか吊るしてたかな。

これならシンクやキッチン周りを広々とつかえるし、余計な物を置かないぶん掃除もかなり楽になる。

なにより物がぜんぜん置かれていないピカピカのシンクにとても憧れた。

まぁ、ミニマリストになった今となっては当たり前のことだが、当時の自分には、これはかなり大きな気づきだった。

ということで、これがミニマリストの始まりの始まり。

効率化に火がつく。とにかく物を減らす。

それからは一気に火がついた。

「自分に必要な環境、考え方はこれだ!」

と。

後からそれを「ミニマリスト」と知ったかんじ。

だから、

「ミニマリストになりたい!」

と思いミニマリストなったわけではない。

必然的にミニマリストになっていた。

で——何をしたかというと、

とにかく捨てた。

必要な物以外は捨てまくった。

今は床拭きロボットのブラーバを使っているが、当時はクイックルワイパーを使っていた。(というかブラーバの存在を知らなかった。存在していたかどうかも不明。ルンバはあったけど)

ということで床への直置きはとにかくやめた。床掃除が大変になるので。

とまぁ掃除に関してはまた別の記事で書くのでこのへんにしておく。

キッカケは掃除の効率化でした。

以上。そんなかんじで。

それでは、しばしの別れ。

広告