鏡に映った結果が結果。ミニマリストに体重計は不要。

ミニマリスト 効率化・省エネモード 断捨離

「体重計に乗る」という行為でする事は、ほとんどない。

 もし自分が格闘家・ボディビルダー・その他体重の管理が必須な職業じゃないのなら、体重計を所有するメリットはない。

 だからおれは体重計を捨てた。

『見た目がすべて』

 本質は数字(数値)じゃなくて、ヴィジュアル。ヴィジュアルがすべて。

 体重計に乗るという行為の背景には《痩せたい》や《太りたい》がある。

 痩せたいは「痩せてるヴィジュアルを手に入れたい」だし。
 太りたいは「ゴリマッチョなヴィジュアルを手に入れたい」だし。

 つまりはヴィジュアル的な事実を求めている。

『数字? あっそ、踏んじゃえ』

 数字には何の意味もない。

 毎日わずかに変動している数字をわざわざ目の当たりにする必要はない。汗、便、食、水、何を入れて何を出すかで常に数字は変動する。

 チマチマ体重計に乗って数字の変化を恐る恐る把握する遊びの何が楽しい。60㎏でもデブはデブだしガリはガリ。100㎏でもデブはデブだしマッチョはマッチョ。

 とても引き締まってて素敵なヴィジュアルを持っている女性でも「じつは体重70㎏です(^_-)」なんてことはよくある話。

 そう、理想のヴィジュアルを構築することができれば数字なんてのはどうでもよい。その数字なにに使うの。なににも使わない。使わないならいらない。そんな情報、必要ない。

『鏡に映った結果が結果』

 大事なのはヴィジュアル。鏡は現実を現実のまま映し出してくれる。体重計なんか乗らずに、鏡で全身をチェックすればよい。

 鏡に映った自分が理想の体型なら、おめでとう。異なるなら、がんばろう。たったそれだけのこと。そこに数字は無関係。とにかく見た目がすべて。

「せっかく2キロ減ったのに……リバウンド……(泣)」
 気にしない。どうだっていい。2キロなんて簡単に減るし簡単に増える。しようもない問題。感情の無駄遣い。その2キロがどうヴィジュアルに変化をもたらす。ほとんどもたらさない。

 体重計に乗ったり、乗って酔いしれたり悲しんだりしている暇があるなら、さっさと筋トレ・睡眠・食事のコントロールなどの《やるべきこと》をやって理想のヴィジュアルを構築したい。

 だからおれは体重計を捨てた。鏡に映った結果が結果ですからね。それでは、しばしの別れ!