ミニマリストに冷蔵庫は必要か?

ミニマリストにまつわる記事【一覧】 家具、家電、ガジェット… 随筆(エッセイ)

たまにミニマリストで「冷蔵庫持ってないよー」って人を見かける。ミニマリストとして有名な『ミニマリストしぶ』さんも冷蔵庫を部屋に置いていない。私としては冷蔵庫は絶対に必要だと思っているが、だからと言って冷蔵庫を持っていないミニマリストしぶさんを否定するつもりは少しもない。

ただ、ミニマリストしぶさんへの憧れが強い信者が「思考停止」で真似をして、冷蔵庫を断捨離し、後悔している姿を見て「馬鹿だなぁ」と思うことがたまにある。

ということで、

  • ミニマリストに冷蔵庫は必要か?
  • 冷蔵庫を置いたほうがいい人
  • 冷蔵庫を置かないほうがいい人

についてミニマリスト視点で書いてみました。

ミニマリストに冷蔵庫は必要か?

結論:性格や環境による。

要否に関しては「人による」が答えです。なぜなら人によって性格や環境は異なるからです。持ったほうがいい人もいるし、持たないほうがいい人もいるし。当たり前な話。
だから「ミニマリストだから冷蔵庫は持っちゃいけないのかな?」みたいに考えてしまう人はミニマリスト(ミニマリズム)の本質をあまり理解していないのだと思う。そんなことはないのにね。

では、具体的にどういう人が冷蔵庫を持つべきか?

冷蔵庫を持つべき人。

例えば、以下のような人は冷蔵庫を「持つべき人」に該当します。

引きこもりたい

  • 自宅で本や漫画や映画やゲームなどで遊ぶのが趣味な、いわゆるインドア系な人。
  • 家に引きこもるのが大好きで、出来るだけ外出をせずに人生を楽しみたい人。
  • コミュニケーションが嫌いで、外に行くのが嫌いで、出来るだけ引きこもりたい人。
  • 自営業やフリーランスなどでほとんど家で引きこもって仕事をしている人。
  • 病気や障害を持っていて外出するのが困難な人。

このように「引きこもりたい欲が強い人」は当然ですが冷蔵庫を持ったほうがいいです。ネットスーパーを活用して冷蔵庫に食料や飲み物を常にストックしていれば外出の機会は減らせますからね。

冷たい飲み物やアイスを食べたい。

  • アイスを頻繁に食べたい。
  • 常温の飲み物や水道水は飲みたくない。

このような人は必然的に冷蔵庫を持つことになるでしょう。

料理が趣味な人。

料理が好きで趣味のようにやっている人にとって冷蔵庫は必需品です。食材やストックや要冷蔵調味料の保存は冷蔵庫がないと無理です。

冷蔵庫を持たなくてもいい人。

今度は冷蔵庫を「持たなくてもいい人」を簡潔に書いてゆきます。

  • 何よりも部屋のスペースを大事にしている人。
  • フットワークが軽くて高頻度の外出が苦にならない人。
  • 金持ちで超高頻度で毎日何度もデリバリーを利用できる人。
  • 「アイスを食べない」「常温の飲み物でいい」「水道水飲めばいい」「料理を全くしない」の人。

これらに該当する人にとって冷蔵庫は必須ではありません。

冷蔵庫を持たないことで生じるメリット。

冷蔵庫を持たない事で得られるメリットは以下です。

  • 部屋を広く使える。
  • 掃除が楽になる。
  • 電気代の節約になる。
  • 冷蔵庫の稼働音が無くなる。
  • 引越しの時に楽。物が少なくなるから安い引越しプランが利用可能。
  • 消費期限管理が楽になる。

このように冷蔵庫にはデメリットもあるため「持たなくていい人」に該当する人は冷蔵庫を持たないほうが豊かに生きられます。

冷蔵庫の要否は、性格や環境によって決まる。

「ミニマリストだから」「ミニマリストしぶさんは冷蔵庫を持ってないから」「近くにコンビニがあるから」などの理由で冷蔵庫の要否を決めるのではなく、自分や家族の性格や環境に合わせて冷蔵庫を持つかどうかを決めたほうがいいです。なんとなくのふわふわした理由で冷蔵庫を手放しては、きっと後悔しますし、逆に「冷蔵庫を持つのは常識でしょ」と固定概念に縛られてなんとなくで冷蔵庫を買っても後悔する事になるかもしれませんね。

ということで、冷蔵庫に限らず、何事もそうですが、断捨離は自分の環境に合わせてやったほうがいいですよう。ようく考えて、自分にとっての「ちょうどいい」を見つけ「捨てる捨てない」「持つ持たない」を決めてくださいね。

それでは、しばしの別れ。