ミニマリストが不用品の断捨離にメルカリを使わない10の理由

お金、節約… ミニマリストにまつわる記事【一覧】 断捨離したもの 随筆(エッセイ)

この記事ではミニマリストの私が不用品の断捨離に『メルカリ』を使わない理由を10個詳細に知らしめています。そしてメルカリより楽に不用品を断捨離する方法も紹介しています。

気軽に気楽に断捨離をしたいミニマリストや不用品を換金したい人に役立ちますので、ぜひ一番下まで読んでみてください。サササと読めます。

それでは、ミニマリストが不用品の断捨離にメルカリを使わない10の理由、スタートです!

ミニマリストが不用品の断捨離にメルカリを使わない10の理由

じゃあメルカリを使わない理由を1つずつ解説してゆきますね。

ミニマリストが不用品の断捨離にメルカリを使わない理由その1:撮影が怠い

いちいち写真を撮るのは面倒が臭すぎる。様々な角度から鮮明に撮らなきゃいけない。写真が少ないと情報不足でトラブルにもなりやすいし、掲載可能枚数のMAX(10枚? だっけ?)で撮影しなきゃいけない。

ただただ撮るだけじゃ駄目。ホコリや髪の毛、背景などにも気を遣わなければならない。なので、たった10枚撮るだけでも消耗してしまうんです。

その2:説明文を書くのが怠い

型番、スペック、購入日時、使用期間、注意事項、などなど、詳細に書かなければいけない。

その3:ググるのが怠い

で、説明文を書くのにググらなきゃいけない。自分が買った商品ページや公式サイトへ行って調べなきゃいけない。たまに商品ページが消えてることもあるので、そういう時は本当に怠い。

その4:やりとりが怠い

購入前の値下げ交渉や質問、購入後の取引完了までのメッセージでのやりとりが怠い。

その5:馬鹿が多い

説明文を読まない、タイトルすら読まない、やたら上から目線、しつこい値下げ交渉、提示価格よりもかなり安く図々しく交渉してきたり、なぜか暴言はいてきたり、買うから専用にしてくださいと言ってきたくせにけっきょく他の人から買ってキャンセル、などなど。馬鹿ばっか。

その6:取引完了までが遅い

以上のタスクをすべて終えてようやく取引が終わる。遅いし怠い。疲れる。

その7:ネコポスの集荷に対応してない

ネコポスはコンビニやクロネコヤマトやPUDOとかに持ち込まなきゃいけない。集荷はしてくれない。

その8:理不尽な返品リスクがある

説明文を読んでないことが原因なのにクレームを入れてきたり、発送前はいっさい故障してなかったのに「故障してる」と返品を希望してくる迷惑な馬鹿がたまにいる。

その9:手数料と送料が発生する

出品手数料と発送手数料がかかる。

その10:送料のせいで売れない商品がある

だから物によっては送料負けして売れない物がある。新品同様でも、売ったらマイナスになるような商品は意外と多いので痒い。

ミニマリストが不用品の断捨離にメルカリを使わない10の理由【まとめ】

以上、ミニマリストの私が不用品の断捨離にメルカリを使わない10の理由、おしまい!

メルカリは売れなそうな物でも売れることがあるしリサイクルショップよりも高く売れたりして便利だけど、自分のようなズボラで人付き合いが得意ではないミニマリストにとってはハードルが高いです。だから高い物以外は普通にゴミとして捨てても良いと思っています。それでは、しばしの別れ。