ミニマリストがリステリンを持たない理由。【断捨離】

ミニマリストにまつわる記事【一覧】 断捨離したもの 浴室、洗面所、洗面台… 随筆(エッセイ)

 液体歯磨き『リステリン(ハグキケア)』を愛用していたが、やめた。理由は7つ。ということで1つずつサクッと説明してゆきます。

 ✳︎

『スペースの問題』

 歯磨き粉と比較して、スペースを広くとってしまう。大きいので邪魔。かといって小さいのを買うとかなり割高だし。

 ✳︎

『神経の問題』

 こぼれないよう、キャップの内側の線をこえないよう、液体を注ぐのには神経をつかう。あとキャップに唇が(雑菌が)付かないように口内へ運ぶのも神経をつかう。ストレス。

 ✳︎

『清潔感の問題』

 リステリンを口に運びキャップをボトルに戻すとき、しっかり振って液体を落とさないと、じわじわとたれてくる。容器も置き場所もベタベタになる。それにしっかり振ったとしても、僅かに残ってしまう。

「お湯で流せば」と思うかもしれないが、水道水がリステリンの中に微量でも入っちゃうと何かちょっと気持ち悪い。水が入ると腐るみたいなのよく聞くし。いやまぁ大丈夫な気もするが、でもなんか気持ち悪いし、みたいな。それがまたプチストレス。

 ✳︎

『タスクの問題』

 べたべたになるということは、掃除をしなきゃいけない。ボトルと置き場所の。
 仮に妥協して、毎回お湯でキャップを洗い流すとして、その洗い流すという行為もまた面倒。
 本来、歯磨き粉であれば、生まれないタスクだからね。

 ✳︎

『焦らしの問題』

 すぐに歯を磨きたくても、30秒グチュグチュし終わるのを待たなきゃいけないという、その焦らしがモドカシイ。

 ✳︎

『コストの問題』

 我が家は夫婦2人で、月に2本(2リットル)は消費する。だから毎月2,000円ちょいコストがかかる。歯磨き粉であれば300円とかで済む。1,700円の差。1年で20,000円くらいの差。そのぶん働かなきゃいけないと考えると憂鬱。

 ✳︎

『根本的な問題』

 リステリンじゃなくても口内は清潔にできる。なのでリステリンにこだわる必要はない。

 ——以上。リステリンをやめた7つの理由でした。
 デメリットが目立つ。費用対効果がパッとしない。とくに必要性を感じない。だからリステリンは使わない。

 おしまい。

 それでは、しばしの別れ。