ミニマリストのキッチンにある物ない物。【調理器具 編】

コップ、食器、調理器具… シンク、キッチン… ミニマリストにまつわる記事【一覧】

ミニマリストである私のキッチンにある物とない物を理由つきで紹介してゆきます。今回は調理器具とかにコミットして書いています。

ミニマリストがキッチンに置いてる調理器具。

キッチン

じゃあ1つずつ紹介してゆきます。

フライパン

28cmフライパン。

炒めはもちろん煮たり鍋料理とかもいけて万能。

フライパンのふた

煮たり蒸したり保管したりする際に蓋がないと困るので。

自立するタイプのものを使っています。便利。

レードル

汁ものとかシチューとかに使うので持ってる。

あとカップラーメンに湯を注ぐ時に。

包丁

ハサミだけで頑張っていた時期もあるが料理を楽しむために買った。やはりあると便利だし料理が楽しくなる。

まな板

工夫次第で無くても生活は可能だが、こちらも料理を楽しむために買った。

シリコンスプーン

耐熱シリコンスプーン。

スプーンといってもレードルみたいなサイズ感。

炒める時とか、すくいたい時に使う。

めちゃ便利。

フライパン1つで上手に回していたが、料理を楽しむために、鍋を持っている。鍋があればフライパンが埋まっていてもなんとかなるし、米も炊ける。

菜箸

普通の箸や割り箸で代用していたが、やはり使いにくいし、料理を楽しみたいから持っている。

ザル、ボウル

無くても工夫次第でどうにかなるが、やはりあると効率が変わるし、やはり料理を楽しむにはあったほうがいい。

その他の調理器具を持たない理由———

キッチン

じゃあ今度は「無い」調理器具について持たない理由を書いてゆきます。

トング

あると便利だが菜箸で事足りている。

泡だて器

泡立てる場面が訪れないので不採用。どうしても何かを混ぜたい時はミキサーやプロテインシェイカーで混ぜてどうにかすると思う。

結論:料理を楽しみたいなら妥協しないで持つ!

以前の私は自炊をあまり積極的に行わなかったので本当に最低限の物しか持っていなかった。ザルもボウルも鍋も包丁もまな板も持ってなかった。でも最近は料理を楽しみたい欲が出てきているし、ほぼ自炊生活なので、色々と導入した。やっぱ料理が好きなんだなぁと思った。調理器具が揃うと幅が広がるし、洗い物は食洗機があるし。料理を楽しめると食事も楽しめるから結構いい趣味だよね。これに気づいた30歳男性の小咄でした。

それでは、しばしの別れ。