ミニマリストの鍵事情。鍵は財布で一元管理【アレは不要】

ミニマリストにまつわる記事【一覧】 財布、鍵、スマホ… 随筆(エッセイ)

 どうも。のざわるどです。ミニマリストです。この記事には『ミニマリストの鍵事情』が書かれています。

 誰もが1つは持っているであろう鍵。厳密にいえば、鉄の鍵。「カードキーの人が羨ましい……」そう思いながら、已むを得ず鉄の鍵を、どうにかこうにか歯痒い気持ちで管理しているミニマリストはたくさんいるでしょう。わかります。私もその中の1人です。

 ということで——おなじ鉄の鍵仲間として、ミニマリストの私が『鉄の鍵を出来るだけ楽に管理できる方法』について、まあまあ詳細に知らしめてみます。まずは、簡潔に結論を。

結論:鍵は財布でまとめて管理。キーケースは不要。スマホケースにも収納しない。

 その理由は以下に書かれています。下に行けば行くほど理解が深まります。サクッと読めますので、どうぞ読んでみてください。

『ミニマリストの鍵事情』を理解するための前提条件。

 ミニマリストの鍵事情を知らしめる前に、まずは前提条件の提示を軽くやっておきます。じゃなきゃ誤解が生じる可能性があるため。ちょびっとだけお付き合いください。

 私はミニマリストだけど、外出時にスマホだけを持ち歩くような、いわゆる『手ぶら系ミニマリスト』ではありません。なのでスマホには『収納つきスマホケース』を装着していません。

 財布を持つタイプのミニマリストで、且つ、バッグも必ず持ち歩きます。理由は「そのほうが管理も心も楽だしパフォーマンスが上がるから」です。

 とまぁ、ザックリとした前提条件の提示でしたが、こんなかんじです。詳細(経緯)は以下の記事に書かれています。気になる方はとりあえずリーディングリストにでもぶち込んでおいてください!

ミニマリストは思う。鍵は財布に収納したほうが楽。

 さて、それでは本題の『ミニマリストの鍵事情』を愈々知らしめてゆきます。

 ミニマリストの私は、鍵は財布に収納して持ち歩いたほうが良いと思っています。私は鉄の鍵を1つしか持っていませんので。だからキーケースは自分にとって明らかに不要な物なのです。

 キーケースはもちろん、鍵収納つきスマホケースも必要ありません。何故なら、前述にもチラッと書いたとおり、私は財布もバッグも持ち歩くタイプのミニマリストだからです。

【ちょびっと脱線】
 ちなみにですが、バッグというのはボディバッグのことです。小さいボディバッグを胸あたりに掛けています。どんなボディバッグを使っているか、中には何が入っているか、詳細は以下の記事に書かれています。

 ——なので、財布はバッグに収納すればいいだけなので、財布を持っていたとしても邪魔にはならないのです。だからわざわざ鍵収納つきスマホケースをスマホに装着する必要はないのです。だってスマホの操作がし難くなるし。

 でもバッグがあるからと言って、わざわざキーケースは持ちません。なるべく物は増やしたくないので。不要な物は、不要な物なので。だからミニマリストの私は普段、鍵は財布に収納して外出しています。

ミニマリストを極める為、スマホを財布代わりに、鍵も収納。

 とにかくミニマリストを極めたい時期が自分にもありました。だからスマホ1つだけを持ち歩く生活をしていました。

 スマホというか厳密にはスマホケース。色々と試しましたよ、収納つきスマホケース。カードだけ収納できるやつや、手帳型且つファスナーつきポケットが搭載されているやつや、仕切りや鍵収納専用リングがついたファスナーつきポケットが搭載されているやつも。色々と。

 たしかに便利。頑張れば鍵も現金もカードもスマホなどの貴重品をすべて収納できる。スマホ1つ持ち歩けば特に問題はない。だから当時はそれが自分にとってのベストだと思い、鍵はスマホケースに収納していた。財布なんて邪魔だと思っていたので持ってすらいなかった。

 でも、あれから環境は大きく変わりました。現在の私はPCでの仕事はほとんどやめました。ほとんどスマホで仕事をしています。長時間スマホで仕事や執筆をするタイプの人間です。

 そんな私にとって収納つきスマホケースは邪魔でしかありません。ごわごわと、分厚く、手汗もかきますし、操作性が悪くなり、パフォーマンスが下がってしまいます。

 だから私はなるべく薄くてグリップ力があり、MagSafe対応のスマホケースを使っています。グリップが効くので落とす心配がなく、手に馴染みます。フリック操作が容易になり、手も疲れにくいです。

 あと、お札は折らない派です。お札は折らずに収納したほうが入れやすいし出しやすいです。収納するたびに折ったり、取り出すたびに広げたり、そんなのは時間の無駄。面倒が臭すぎます。

 でも、収納つきスマホケースの場合、お札は折り畳まなきゃいけません。それが不便だと感じるようになりました。現在の私はそういうお年頃なのです。ミニマリストというのはトレードオフなのです。

詳しくは以下の記事に書いてます。

 なので収納つきスマホケースは使いません。スマホケースに鍵や現金やカードを収納しません。スマホはスマホとして使っています。

ミニマリストはスマートロック好き。でも鍵は常に財布に。

 ミニマリストでスマートロックが好きだからといって、鍵を財布に入れずに、持ち歩かないのなんて、絶対にだめ。リスクが大きい。例えば——

  • スマホの充電切れ
  • スマホ紛失
  • スマートロックの故障
  • スマートロックの電池切れ
  • スマートロックの位置ずれ
  • 地震や振動によるスマートロックの落下
  • ドアに貼り付けるFelicaシールの落下、紛失、盗難

 イレギュラーは何かしら起きます。無駄な出費は避けたいですよね。『鍵の救急隊』とかね。高いからね。なので、ミニマリストだからといって、スマートロックだからといって、鍵を持ち歩かないのは危険です。鍵は財布に常時入れておくのが安牌です。

 ちなみにスマートロックについての詳細は以下の記事に書かれています。私は『セサミ』を持っていました。購入を検討している方にはとても役立つ記事です。

拝啓、財布に入らないほど鍵をたくさん持つミニマリスト様。

 ミニマリストだけど、已むを得ず、財布に入りきらないくらい大量の鉄の鍵を持っている人はいるでしょう。例えば——

  • 自宅の鍵
  • エントランスの鍵(自宅とオートロックの鍵が別の場合あり)
  • ポストの鍵
  • 車の鍵
  • 会社の鍵
  • 倉庫の鍵
  • 自転車の鍵
  • 金庫の鍵

 財布に鍵を収納する場合、うーん、まあ財布にもよりますが、ミニマリストは小さいコンパクトな財布を好みますので、まあ、せいぜい2個までが限界なのかなと思います。頑張っても3個。だと思います。鉄の鍵が3個って結構なボリューム。

 ですから、そんな、理不尽に鉄の鍵マニアになってしまった気の毒なミニマリスト様は、残念ですが財布に鍵を収納することは出来ませんよね……。大量の鍵を無理して財布に入れようとすると当然がちゃがちゃしますし、全くスマートではなくなり、かえってパフォーマンスは低下します。

 なので、鉄の鍵に支配されているミニマリスト様は潔くキーケースを持ち歩いたほうがいいですよね。キーケースって、そういう方のためにあるのですから。

【ミニマリストの鍵事情】ミニマリストは鍵を財布に!【まとめ】

 ミニマリストの私は鍵を財布に入れて持ち歩きます。収納つきスマホケースは使いません。毎日、長時間スマホを触るため、操作性を気にしているからです。あとお札は折らないで収納したいからです。

 でも、お札を折る派やスマホで長時間の作業をしない人は、収納つきスマホケースを装着して、鍵やカードや現金を収納して、1つで管理したほうがいいと思います。管理する物は少なければ少ないほうがいいので。

 そして、なんらかの事情で鉄の鍵をたくさん持たなきゃいけないという人は潔くキーケースを持ったほうがいいと思います。

ちなみにですが、以下の記事で『愛用している鍵収納つき財布』や『ミニマリストの財布の中身』について詳しく書いてます。もし良ければ覗いてみてください。

PS…「ちょうどいい」を見つけてください。

 もし、有名なミニマリストや、Twitterとかで身近にいるミニマリストが「ミニマリストなんだから鍵は〜〜しないと駄目だよ!」みたいなことを言っていたとしても、あくまでもそれは参考として半分で聞いてください。定義(絶対)なんてないのですから。

 十人十色。十人十ミニマリストです。人によって「解」は異なります。本質をしっかりと見極めることが大切です。自分にとっての「ちょうどいい」を探し出し、ちょうどいいミニマリストでいてください。

 結局は人それぞれです。人によって環境は異なるので、その環境に合わせるべきです。なので、どうか自分に合う最適の解を探してみてください。そのうち自分にとっての「ちょうどいい」が見つかるといいですね。

 ——いやぁ、しかしアレですね。ぜんぶの鍵が、自分の指紋やスマホ、せめてカードキーにまとめられる時代はいつ訪れるのでしょうね。そうなれば、もっと楽になるのにねえ……。それでは、しばしの別れ!