ミニマリストの「スマホのホーム画面」は、こうなっている。

ミニマリスト

ミニマリストなので、やはりスマホの中も、スッキリさせたい。

なぜなら——

決断疲れをしちゃうから。

なるべく無駄な神経や労力は消費したくない。

頑張らなくていい時は、常に省エネモードでいたい。

スマホを起動したら(電源ボタンを押したら)まず表示されるのはホーム画面。

そのホーム画面が、利用したいアプリを利用したい時に利用しづらい環境では大変ストレス。

ということで——

俺氏のライフスタイル的に、そんな頻繁には使わないアプリはホーム画面から消すことにした。

だから俺氏のホーム画面は、かなりスッキリしている。

こんなかんじ。

どう? 結構スッキリしてるでしょ。

で——

当たり前な話だが、これは人による。

人によって良し悪しが変わる。

ニュースをよく見る人ならニュースアプリをホーム画面に置いたほうがいいし、誰かと常に話していたいならLINEをホーム画面に置いたほうがいいし。

俺はそんな頻繁にニュース見ないしLINEもしないからホーム画面には必要ない。だから置いてない。

「このアプリ、月に何回つかうかな?」

これを意識していたら自然とホーム画面は綺麗に整頓される。スッキリする。

でも——

こんな風に思う人もいるんじゃない?

「たまにしか使わないアプリだけど、そのたまにの時にアプリ一覧からいちいち探し出すのが面倒くさい」

——大丈夫。検索すればいい話。

例えばiPhoneなら、以下のように「ホーム画面にないアプリ」も簡単に検索できる。

まず、ホーム画面内で下へスワイプする。

そしたら——

こんなのが出てくる。

あとは使いたいアプリを検索するだけ。

「p」と入力しただけで『PayPay』が出てくるし、「l(エル)」と入力すれば『LINE』が出てくる。

はい。優秀。

なので——

頻繁に使わないアプリはホーム画面から消しても全く支障が出ない。

余計なアプリがホーム画面にないというだけで、かなり快適。

アプリの数が10個くらいしかなくても、フォルダできっちり分けておくと、かなり探しやすいので、フォルダ分けをおすすめしとく。

俺氏の場合は、画像のとおり、『ゲーム』『情報収集』『リモコン』に分けてる。

メモとワードプレスは個別に。

あ、

ちなみにカメラとかライトとかは、画面の上部(右側)を下へスワイプするとメニューが出てくるので、そこから起動している。

こんな感じ。

以上、ミニマリストのホーム画面事情でした。

それでは、しばしの別れ。

広告