【洗い物なし!】超効率的な、ずぼらアイスカフェオレ。

ミニマリストにまつわる記事【一覧】 食品、飲料、ずぼらレシピ…

コーヒーは飲みたい。でも洗い物はしたくない。手間暇をかけたくない。出来るだけ楽して、美味しいコーヒーを飲みたい。自分にとって無駄な事は少しだってしたくない。

ということで——

洗い物なしで作れる超簡単だけどちゃんと美味しい『アイスカフェオレ(とアイスコーヒー)』の作り方を、ずぼらミニマリストの私が写真つきで紹介します。すぐ読めます。

【洗い物ゼロ!】アイスカフェオレの作り方。

じゃ、写真つきで紹介してゆきます。

超少量のお湯をつくる。

まず、耐熱カップとかでお湯をつくる。量は適当。私は30〜50mlを目安にしている。以下の画像のように、耐熱の電子レンジ対応シェイカーを使っている。

電子レンジ対応シェイカー。

このように水を入れ、電子レンジで30〜60秒、お好みでチン。

私は30秒。500w

コーヒー豆を入れる。

コーヒー豆を、コップに入れる。量はお好み。

面倒だから計量器やスプーンは使わない。このようにインスタントコーヒーの蓋にそのまま入れる。

そして、これをコップに入れる。

お湯とコーヒーを融合。

先ほど作った少量の湯をコップに入れ、ぐるぐるとコップを回し、混ぜ合わせる。

わざわざご丁寧にスプーンで混ぜたりはしない。コップを回すだけで簡単に混ざるから。少量の湯なので、コップを回しても遠心力で飛び散ったり溢れたりはしないので大丈夫。

氷を入れる。

氷をお好みの量で入れる。お好みというか、コップとかの容量によって決めるかんじで。私の場合、紙コップの容量が275mlなので、氷は2つ入れている。1つだと足りないし3つだと多いなと感じるため。

牛乳をそそぐ。

はい、このように、牛乳をそそいだら、もう完成。アイスカフェオレのできあがり。

カフェオレじゃなくてアイスコーヒーを作りたい場合は、牛乳の代わりに水をそそぐだけですので、工程は変わりません。はい。

ずぼらアイスカフェオレ専用グッズの紹介。

以上で『ずぼらアイスカフェオレの作り方』おしまい。ですが、

今回つかった(私が普段から使っている)コーヒーと紙コップを真似したいという方向けに商品リンクを貼っておきました。以下です。

【サンナップ】ホワイトカップ

こちらの紙コップは275mlで、100個入り。価格は410円くらい。1個あたり4〜5円で安い。

紙コップを使わずに洗い物をする場合、洗剤代、水道代、ガス代、時間、労力を消費することになります。面倒臭いからストレスもたまります。

なので私は紙コップを頻繁に使っています。使い捨てじゃないコップも一応は持っていますが、アイスカフェオレをつくる時は紙コップにしています。

電子レンジ対応シェイカー

『タンパクオトメ』のプロテイン用シェイカーです。電子レンジ対応なので、プロテイン以外にも温かいコーヒーやお茶等も作れますし、計量カップとしても使えて超便利です。詳しくは以下の記事に書いています。

【AGF】マキシム

MAXIM(マキシム)のインスタントコーヒーを愛飲しています。

理由は、コスパ最強だからです。めっちゃ安いのにめっちゃ美味しい。香りが最高。あとデザインが好き。便もラベルも好みのデザイン。

以上。

それでは、しばしの別れ。