「掃除が簡単な部屋」で、必然的ミニマリストへ———。

ざわめき ミニマリスト

「掃除が簡単な部屋」をつくることが、ミニマリストの始まり。

ミニマリストの、基本中の基本。

意識的にミニマリストを目指してなくても、「掃除が簡単な部屋」を構築することで、必然的にミニマリストになっている。

なぜなら———

掃除を簡単にするということは、物を減らさなきゃいけない。

物が多ければ多いほど掃除には時間がかかり、手間がかかる。

床掃除をクイックルワイパーとかを使い、スムーズに行うには、物が少ないほうが絶対に早く終わるし少ない労力で掃除を終えることができる。

わざわざ気合を入れなくても、省エネモードのまま、フローリングの掃除を終えることが出来る。

掃除は毎日やらないと、すぐホコリがたまるし、汚れも時間が経てば経つほど頑固になる。

週に一度とかでは、その一度の掃除が大変。

楽するためにも、毎日やらなければならない。逆に。

ということは———

そのうち、クイックルワイパーすら面倒だと感じてくる。毎日なのでね。

そうなると今度は床拭きロボットのブラーバとかを我が家に導入し始める。

床拭きロボットのブラーバは物や壁とかを感知してうまいこと動いてくれるが完璧といえるほどの精度ではない。

現状でもかなり優秀だが、まだ粗がある。

ということは———

床拭きロボットのブラーバを生き生きと動かしてあげるためには、床に物を置きたくなくなる。

最低限、極限まで、床に置くものを減らすことになる。

「床に物を置かないようにするためにはどうしたらよいのだろう?」

と考えるようになったその時、もう立派なミニマリスト。

ミニマリストの誕生なんですよ。

もちろん———

床だけじゃない。

家具、家電、キッチン、窓とかの拭き掃除をする時に「物」があっては掃除しづらい。

…………もうわかりますよね?

そう、ミニマリストって、これのことなんです。

「シンプルな物を好み、(無理して)狭い部屋に住み、(無理して)物を減らすだけのミニマリスト」が巷には多いみたいだが、それはなんちゃってミニマリストですからね。

もしあなたが、

「掃除が嫌いだからこそ楽にズボラにしょうがないタスク(掃除)を片付けたい」と効率化に励んでいるなら、自覚はなくても、もう既にミニマリストかもしれませんね。

———以上。

「掃除が簡単な部屋」をつくることは必然的にミニマリストになってゆくのだよという、ミニマリスト的なざわめきでした。

それでは、しばしの別れ。

広告