ミニマリストが浴室に置かない物。

ミニマリスト

ミニマリストである俺氏が「いらないもの」を書いてゆく。

今回はその『浴室編』。

ということで———

浴室に置かない物を理由つきで書いてゆく。

結論:ボディソープ以外は不要。

ミニマリストが浴室に置かない物。

浴室

じゃあ———さっそく「何故いらないか?」を理由つきでサクッと書いてゆく。

シャンプー

髪や頭皮は、洗剤がなくても、じゅうぶんに洗える。

37度くらいのぬるま湯で、じゅうぶん清潔になる。

洗剤を使うと過剰洗浄になってしまう。

過剰洗浄は皮脂の過剰分泌を招く。

ザックリ説明すると———
過剰洗浄によって「人間の頭皮に必要な脂」が無くなることで、体内のジョブ(「脂を出せ!」という命令)が動き出し、不必要な脂まで放出されてしまう。

つまり———
臭くなりやすく、脂っぽくなりやすくなる。

洗剤を使わなければ(ぬるま湯でしっかり洗えば)ソレが起きないから、結果的には洗剤を使わないほうが清潔でいられる。

こんなことを言うと、

「洗剤(シャンプー)使わないと、臭うじゃん」

という人がいるが、正直まったく臭くならない。

なぜなら———
前述にも書いたが、髪や頭皮なんてのは、ぬるま湯でもじゅうぶん奇麗になるから。

むしろ「ぬるま湯だけ」のほうが頭皮が荒れないし、無駄な乾燥が起きないし、洗剤特有の「洗い残し」が発生しないから、臭いは発生しづらい。

ぬるま湯でしっかり洗っていれば、洗剤の香りでごまかす必要がない。

それに、頭に残った洗剤を完全に流しきるには、かなりの時間、水量、労力が必要。

ぬるま湯で洗えば、洗剤がないぶん、すすぎの時間が圧倒的に軽減される。

根本的な話———
人間の頭皮は、ぬるま湯で清潔になるように構築されている。

なのに、わざわざ洗剤を使って頭を洗う必要性はどこにあるというのか。

頭を洗う = 洗剤

は、完全な思考停止であり、情報操作、固定概念の植え付け、企業からの洗脳行為だということを認識するべき。

ただし———
ワックスやヘアスプレーなどを使った際には、あたりまえだが、洗剤は必須。

「ノーシャンプー生活」を送りたいのであれば、ワックスなどはつけてはいけない。

もしくは、お湯でしっかり洗い流せるものを使い髪のセットをする必要がある。

シャンプー洗剤を使わないだけで、洗剤代、ガス代、水道代、労力、時間(命)を節約できる。

リンス・コンディショナー・トリートメント

俺氏は髪が短いのでトリートメントとかは無くても全く困らないので使わない

ということで不要。

女性の場合どうしても髪質が気になるという人は、毛先に軽くつける程度ならいいとは思う。

でもできる限り浴室内には置きたくないので(掃除の関係で)、洗い流さないトリートメントとかでいいんじゃない。

ボディタオル

体をこするあの長い奴。もしくは丸い奴。

これ不要。

だって体についた垢とか油は手でこすればじゅうぶん落とせるからね。

シャワーのお湯をあてながらこするだけで綺麗になる。

どうしても皮脂が気になるところや蒸れやすいとこだけはボディソープをつけて手でこすればいい。

ボディタオルなんて肌にダメージを与えているだけ。過剰洗浄。

でもまぁ背中は手が届きにくいし洗うのに時間がかかっちゃうから、俺氏は簡単に洗濯ができるよう、柔らかいタオルを浴室に持ち込みそのタオルで背中をこすってる。

たまに、「背中用のボディタオル」を浴室に常時置いている人もいるが、それはやめたほうがいい。

だってやっぱり浴室ってさ、湿度が高いじゃん。ってことはボディタオルが雑菌だらけになっちゃうし、気づいてないだけでカビが生えてる可能性もあるよね。

こわいよ。

湯舟のフタ

湯舟のフタまじでいらねーよ。

あんな掃除のしにくい、管理の怠いもの、なんで置くんだよ。

まぁ確かにフタがあれば防水機能のついたkindlePaperwhiteを縦置きしながら読書したりできるけど。

あとお湯の保温効果とかもあるんだろうけど。

でもだからと言ってそれだけの理由であんなに管理の怠い物を置く意味が分からん。

ということで不要。

イス

風呂用のイス。

疲れてる時は座りたい気もあるが、体の掃除なんて立ちながらじゅうぶんに可能。

イスとか掃除めっちゃだるいし、狭くなるので、やはり不要。

桶とか無くておk。

ボディタオルいらないし、シェーバーとかべつに桶使わなくても洗えるから。

あっても何に使うんだよって話。

でもまぁそう言っておきながら「可愛いから」という理由でケロリンの桶を買った過去があるのだが。()

洗顔フォーム

いらねぇ。

特に俺氏みたいな敏感肌の人には洗顔フォームとかでしかない。

まず、シャンプーと同様、ぬるま湯でこするだけで、顔についた汚れは落ちる。

洗剤で洗ってしまっては過剰洗浄。

俺氏にはニキビに悩んでいた時期があった。

何を試しても治ることはなかったが、洗顔フォームをやめるだけで綺麗に治った。

ニキビが完全になくなり、数か月後なんとなくまた洗顔フォームで顔を洗ってみたら、またニキビが再発した。

だからもう洗顔フォームは使わないし、洗顔フォームは不要。毒。

洗顔泡立てネット

洗顔フォームというか洗剤を使わないので不要。

シェービングジェル

シェービングするのにジェルはいらないでしょ。

俺氏かなり敏感肌だけど、ジェルつけてもつけなくても結果は同じだった。

なのでシェービングジェルは置かない。というか持たない。

歯ブラシ

馬鹿か。雑菌だらけになるぞ。

歯磨き粉

まぁだから置かねえよな。

掃除グッズ

「掃除グッズを浴室に置いておくことで掃除へのハードルを下げよう」みたいな思考は肯定したい。

でも———

やはり置かないほうがいい。

浴室は湿度が高いし、皮脂のついた泡とかが飛び散ったりするので、掃除するためのグッズを掃除しなきゃいけなくなる。

ミニマリストもミニマリスト以外もボディソープだけでじゅうぶん。

ボディソープ

浴室に置いておくべきものと言えば、やはり結論ボディソープだけでじゅうぶん。

理由はスペースの問題と掃除(管理)が怠くなることを防ぐため。

そして置かなくていいもの、使わなくていいものをわざわざ使う意味はない。

以上。

それでは、しばしの別れ。

広告