マクドナルドで1番おいしいのは、紙袋。

ざわめき

マックの商品は、なにを食べても「マック!」みたいな味がする。

ポテトを食べてもナゲットを食べてもバーガーを食べても「マック!」みたいな味がする。

食材や調味料などは別物なのに、なぜかどれも「マック!」みたいな味がする。

きっとこれは、マックで使っているが、そうさせている。

おそらく油は、どの商品も、同じ油を使っている。

だから、どれを食べても「マック!」みたいな味がするのかも。

つまりは———

すべて「あぶらあじ」と言ってもよいのかも。

  • フライドポテト(あぶらあじ)
  • チキンナゲット(あぶらあじ)
  • チーズバーガー(あぶらあじ)
  • てりやきバーガー(あぶらあじ)

すべてが、あぶらあじ。

われわれが

「あっ、マック食べたい」

と思う瞬間、

それは、マックを食べたいのではなく、

「あっ、マックのあぶら食べたい」

なのかもしれない。

美味しくて中毒性のあるマックの油。

麻薬と言うべきか、麻油と言うべきか———。

McDonalds
提供:gramRさん

———とずっと思っていた。

しかし、最近、気づいてしまった。

われわれが、

「あっ、マック食べたい」

と思う瞬間、まず先に思い浮かべるのは、マックの油じゃなくて、マックの匂いであることを。

その匂いというのは油のことなんだけど、油の匂いだけじゃない。

もちろん食材の匂いもわずかにする。

でも、それだけじゃない。

マックのことなんかなにも考えていなかったにも関わらず、脳みその奥底にある引き出しから、

「あっ、マック食べたい」

を一瞬で呼び寄せる、あの匂いは油や食材だけでは、ちょっと弱い。

そう———

われわれが

「あっ、マック食べたい」

と思う瞬間、

いちばん最初に思い出すのは……

『紙袋越しに伝わる油の匂い』

これだ。

紙袋というフィルターをマックの油が通ることにより、ただの油の匂いが「美味しそうな油の匂い」に変わる。

明らかにからだにわるい食べ物ではあるが、紙の匂い……というより、香りが加わることで「(からだに)そんなにわるくないかも」と謎の錯覚も起きる。

紙袋 × マックの油

これが、われわれの「マック欲」を激しく促進させる。

すなわち———

マックの匂いとは、

「紙袋ごしの油の匂い」のこと。

「あっ、マック食べたい」

とは、

「紙袋ごしの油の匂いを食べたい」

のこと。

McDonalds
提供:masamasa1さん

もし———

マックで買ったものすべてプラ容器に入れられてたら、われわれがマックへ行く回数は激減する。

紙袋ではなく、プラレジ袋だったら。この場合もマックへ行く回数は激減する。

食と言うのは「匂い(香り)」もセット。

われわれが美味しいと思って食べているマックは、紙袋ごしの油の匂い。

くわえて、紙袋単体の匂いがあってこそ成立する。

つまり———

マックで一番おいしいのは、そう———紙袋。

われわれ人類は、紙袋が大好き。

ということで———

これからも紙袋をおかずにマックを食べていきたいと思う。

それでは、しばしの別れ。

広告