『iStock』を使ってみた。【レビュー】

おすすめ & レビュー

istock』の1ヶ月プランを契約して使ってみた。

ということでレビューを。

『iStock』のメリット

『iStock』のメリット

『iStock』のメリットは主に以下。

ダウンロードまでの、道のりが、すぐ。

検索してから合計3クリックでダウンロードが可能。

以下、流れ。

  1. 画像を選択する(ダウンロードページへ飛んで行く)
  2. 「このイメージをダウンロード」をクリック
  3. 「ダウンロード数の確認」をクリック(ダウンロードが始まる)

ブックマーク機能がある

気になるものをすべて、お気に入りリストにぶちこんでおける。

ダウンロードは後回しにして、「探す」に専念できる。

『Shutterstock』よりも安い

Shutterstock』も安いけど、それよりも安い。

『Shutterstock』は1ヶ月プランだと25,000円。

でも『iStock』は1ヶ月プランで21,000円。

そして『Shutterstock』は350点までダウンロードできるが、『iStock』は750点までダウンロードが可能。

『iStock』は定額プランの場合、20%クーポンが使えるから、上記の価格よりも安く使える。

『iStock』にしかない素材がある。

『iStock』には、ベーシックプランプラスプランがある。

プラスのほうは『iStock』にしかない素材がダウンロード可能。

『iStock』には8000万点以上の素材がある。

で、そのうちの約30%はプラスでしかダウンロードできない素材。

かぶりたくない時、よりリアリティのある高品質素材が欲しい時によい。

検索フィルターの設定が、ず~~~~っと引き継がれる。

検索フィルターの設定が次回も引き継がれるから、毎回検索するたびに、いちいち設定しなおす必要がなくて、めっちゃ楽。

これはかなり効率を上げてくれる。

侮れない仕様。

なぜなら———

報道とかでしか使えない「エディトリアル」を検索から排除する設定や、プラスプランでしかダウンロードできない素材を排除する設定などを、毎回やらなくて済むから。

毎回、必ずやらなければならない設定が、次回も引き継がれるのは超効率がいい。

超ありがたい仕様。

検索バーがついてくる

下の方までいって新たに検索したいって時に一番上まで戻らなくていいから楽。

『iStock』のデメリット

『iStock』のデメリット

『iStock』のデメリットは以下。

検索バーが常時表示されているわけではない

いちおう下までついてはくるが、ずっと表示されているわけではない。

姿は見えない。

ちょっと上に戻った時に姿を現す。

だから———

ちょっと上に戻らない、と検索バーが現れない。

この「ちょっと上に戻る」が、ちょっと面倒。

ダウンロードページが同タブ

画像を選択すると、ダウンロードページへ飛んでゆくが、同タブで飛んでゆく。

同タブだと、ダウンロード完了後、検索結果のページへ戻る時、読み込みが発生する。

その読み込みの時間がストレス。

もし、別タブで開かれたら、ショートカットキーで一瞬で閉じることができる。

無駄な読み込みが発生しない。

時短になり、ノンストレス。

プラスプランは年契約じゃないと割高になる

前述で紹介した上位プラン『プラス』は年契約だと毎月27,000円だが、1ヶ月契約だと39,900円。

1年で約50万円くらいになっちゃう。

価値観は人それぞれだとは思うし、業種にもよると思うが……個人的には、年に50万円も画像に投資をしたくない。

ていうかベーシックプラン(安いほう)で、じゅうぶんだし。

『iStock』の注意点

『iStock』の注意点

『iStock』の注意点は以下。

自動更新がある

自動更新機能がデフォルトでONになっているから、設定でOFFにしないと、更新したくなくても自動で更新されてしまう。

まぁ、契約してスグOFFにしておけば安心。

まとめ

まとめ

ストックフォトサービスは色々あるが、中でも『iStock』は、かなりオススメ。

なぜなら———

安いし、高品質だし、1ヶ月プランがあるし、ユーザーファーストな仕様だから。

『シャッターストック』も同様な理由でオススメできるのだが、1ヶ月プランだと高くなってしまう。

だから『iStock』のほうがいいかなぁって。

まぁ、素材の数は『シャッターストック』のほうが多いし、編集エディターも使いやすいけど。

う~~~~ん、僅差ではあるし、勝敗をつけづらい。

どちらにせよ、ストックフォトサービスは『iStock』と『シャッターストック』の二択かな。

で———

『iStock』のプランについて。

「プラスプラン」だと高くなってしまうが、「ベーシックプラン」でも高品質な素材はたくさんある。

1ヶ月つかってみて「素材が見つからない……!」と困ったことは一度もない。

だからベーシックでじゅうぶん。

かなり金に余裕がある人には、リアリティ性が強く高品質でかぶりづらい「プラスプラン」をおすすめしたい。

以上。レビューおしまい。

「あなたにピッタリな有料画像サイト」を見つけるためのお手伝いとして、「有料画像サイトのレビュー記事」のリンクをいくつか以下に貼っておく。

それでは、しばしの別れ。

広告