ミニマリストがお香を断捨離した理由【好きだけど……】

ミニマリスト 断捨離

やぁ。minimalismWORLD.へようこそ。編集長ののざわるどです。私が何者か簡潔に言うと——

「ノマドを経験して持ち物を61個まで減らした効率化が趣味でとにかく楽をすることにコミットしたミニマリスト」です。

さて、そんなミニマリストが今回書くテーマは……こちら。

『お香の断捨離』

当サイトにはGoogle検索で上位の記事が多数存在しています。おかげさまで多くのミニマリスト様やミニマリストに興味がある方に「ミニマリスト系お役立ち情報」を発信できています。

現役ミニマリスト且つミニマリスト系の発信にコミットしたサイト且ついっさい企業が絡まない単なる個人ミニマリストサイトだからこそお届け出来る《濃密でリアルで鮮度の良い情報》をどうぞご堪能あれ。

こちらの記事には、主に以下のようなことが書かれています。

  • お香の断捨離した理由
  • お香は断捨離するべきか
  • お香を導入する前の注意点
  • お香に向いている人
  • お香に向かない人

上記の疑問(問題)などはこの記事を読むだけですべてスッキリします。適当な「飛ばし読み」でも構いません。ぜひ最後まで読んでみてください。きっと役立ちますよ。

※『もくじ』を使って読みたいところだけ読んでみてください。当サイトのもくじは、タップするだけで、読みたい項目に《一瞬》でワープできますよ。もくじへ戻りたい場合は《スワイプ》とかで前のページへ戻れば、ちょうどもくじに戻れます。

それでは『ミニマリストがお香を断捨離した理由』スタートです。

好きなお香を断捨離した理由

好きなお香を断捨離した理由

以前こういう記事を書いた。

気にいってるお香だったが、考え方が変わった。ので断捨離することに——。

それでは理由を書いてゆきます。

壁の黄ばみ

室内で煙草を吸うと壁紙が黄ばむというのは有名な話だが、どうやらそれはタールが原因らしい。

で、お香にもタールがあるらしい……。

なんとなく煙草は「ニコチンで黄ばむんだろうな」と認識していた。だから「お香なら大丈夫だろう」と勝手に思い込んでいた。

現状回復の問題

ということは、現状回復をしなければならない。煙草による壁の黄ばみは借主の負担になる。そう国土交通省のガイドラインに記載されている。

私は賃貸マンションに住んでいる。引越し時、ここを明け渡す際、壁紙を張り替えるための費用を弁償する義務が発生してしまう。

タスクの問題

現状回復費用を払いたくない場合は、日頃から定期的に壁や床や天井やドアや等々をしっかり拭いて黄ばみを完璧に落とさなければならない。

床はお掃除ロボットがいるからいいとして、その他を毎日(お香を焚くたびに)ゴシゴシ拭き拭き清潔にするなんて大変だよね。多大な時間と労力を消費してしまうし。そこに自分の貴重なリソースをあてたくない。

罪悪感という呪い

ということで——罪悪感、未来への不安、掃除への鬱々しさをうっすらと脳裏に感じながら生きるのはストレス。そんな窮屈で濁った生活は嫌だ。

お香は好きだけど、トレードオフ。断捨離して他の物を使ったほうが自分の人生は幸福。

お香の代替品は

お香の代替品は

お香の代替品として何を採用するべきか。個人的に、置くタイプの物は「違う!」と思っている。なぜならお香は——

  • 部屋のにおいが気になった時
  • リフレッシュしたい時

に焚くから。私は。

置くタイプの物は常に≪じわ〜≫って感じでしょ。弱いよね。消臭だけの物には興味は無いし。香りに癒されたいんですよ。

ということで、仕方がないから、しばらくは芳香スプレーてきな物を使おうかな。こういやつ。

賃貸ミニマリストにお香は、ややハードルが高い

賃貸ミニマリストにお香は、ややハードルが高い。

お香は好きだけどリスク・コスト・タスクを考えたら断捨離対象。これからは他の物を色々と使ってゆきます。

もしこの先、物件を購入する機会があれば、その際はまたお香復活かな。もしくは、壁紙の張り替え(現状回復費用)とかの弁償をぜんぜん気にせず余裕で払えますってくらいまで収入が増えたら復活かな。

賃貸マンションとかに住んでいるミニマリストさんで、お香を導入するか検討されている場合は、前述の注意点を考慮したうえで決断してくださいね。

賃貸じゃないならガンガン焚きましょう!

以上で『ミニマリストがお香を断捨離した理由』おしまいです。

——最後までお読みいただきありがとうございました。ご意見、ご感想、誤字脱字のご報告等、何かございましたらTwitterからお知らせいただけますと嬉しいです。Twitterリンクは、このページをさらに下の方へスクロールして行くと置いてあります。それでは、しばしの別れ!