ミニマリストになる方法【ヒント:固定概念】

ミニマリスト

やぁ。minimalismWORLD.へようこそ。編集長ののざわるどです。私が何者か簡潔に言うと——

「ノマドを経験して持ち物を61個まで減らした効率化が趣味でとにかく楽をすることにコミットしたミニマリスト」

です。

さて、そんなミニマリストが今回書くテーマは……こちら。

『ミニマリストになる方法』

当サイトにはGoogle検索で上位の記事が多数存在しています。おかげさまで多くのミニマリスト様やミニマリストに興味がある方に「ミニマリスト系お役立ち情報」を発信できています。

現役ミニマリスト且つミニマリスト系の発信にコミットしたサイト且ついっさい企業が絡まない単なる個人ミニマリストサイトだからこそお届け出来る《濃密でリアルで鮮度の良い情報》をどうぞご堪能あれ。

こちらの記事には、主に以下のようなことが書かれています。

  • ミニマリストになる方法
  • ミニマリストになるための訓練
  • ミニマリストは誰でもなれるのか
  • ミニマリストの本は読むべきか
  • 躓いたらどうしたらいいか

上記の疑問(問題)などはこの記事を読むだけですべてスッキリします。適当な「飛ばし読み」でも構いません。ぜひ最後まで読んでみてください。きっと役立ちますよ。

※『もくじ』を使って読みたいところだけ読んでください。当サイトのもくじは、タップするだけで、読みたい項目に《一瞬》でワープできますよ。もくじへ戻りたい場合は《スワイプ》とかで前のページへ戻れば、ちょうどもくじに戻れます。 

それでは『ミニマリストになる方法』スタートです。

ミニマリストは誰でもなれる

ミニマリストは誰でもなれます! ミニマリズムを実践している人は皆ミニマリスト。初心者かガチ勢かの違いはあるが、ミニマリストはミニマリストなのでミニマリストなのです。

なので初心者でも堂々とミニマリストと名乗りましょう。ミニマリストに資格なんてないですからね。

ミニマリスト(ミニマリズム)について詳しくは以下の記事で徹底的に解説しています。

本を買わなくてもミニマリストになれる。

わざわざ本は買わなくていいですよ。Googleがありますので。ミニマリストって正解は人それぞれですから。その人の環境によって良し悪しが変わります。本を買ったところで参考程度にしかなりません。

なのでググって解決しましょう。ミニマリストブログとかお片付け系ブログが世には溢れているので、それを利用しましょう。知りたい情報に都度ピンポイントでアクセスして参考にしていけばいいです。

お金をかけなくても、すぐ、簡単に手に入る情報なので本買うなんてもったいないですよ。

ミニマリストになるには訓練が必要

断捨離に躓いている人はマインドリフレッシュが必要ですね。考え方そのものを変えてゆきましょう。要はミニマリズムを定着させればいいのです。忘れそうになるのを防ぐため、忘れてもすぐ思い出せるように、ミニマリズムを脳内に刻む。

固定概念を覆せ!

具体的にどうすればいいか。それは——固定概念を覆す。まいにち疑う。まいにち固定概念を疑う。今ある常識は単なるふわふわした風潮であるという前提で固定概念を覆してみましょう。

たとえば——

服の収納方法で「自分はこういう運用方法で長年やっているし、それが当たり前だと思っているが、他の人はどうなんだろう?」と、あえて知っていることを改めてググってみる。

すると、もっと効率的な運用方法が見つかったりする。知っているつもりでいたが知らないことは意外と多くある。なので自分にない気づきを得るために「改めてググる」というのはなかなかによいものですよ。

そして、それとセットで、

人生ベースで考えて「コレは自分の人生を幸福にするか? 無いと不幸になるか?」と自問自答すればよいです。

そうしたらだいたいの物は断捨離できます。

ほんの一例ですがこんな感じで毎日コツコツ固定概念を疑って情報収集して行動にうつせば、気づいたら一人前のミニマリストになってます。その調子で安心してミニマルライフを送ってください。そのうち自分の「ちょうどいい」に辿り着けますよ。

当サイト『minimalismWORLD.』は、効率化を極めていかに楽して省エネモードでいられるかにコミットしているミニマリスト専門サイトです。ミニマリズムを学びたい方はいつでも気軽にいらしてください。

以上で『ミニマリストになる方法』おしまいです。

——最後までお読みいただきありがとうございました。ご意見、ご感想、誤字脱字のご報告等、何かございましたらTwitterからお知らせいただけますと嬉しいです。Twitterリンクは、このページをさらに下の方へスクロールして行くと置いてあります。それでは、しばしの別れ!