ホリエモンの『ピロリ菌やばい』を読んだ。

書評

『ピロリ菌やばい』を読んだので感想を。

これ。

結論:ピロリ菌……やばい。

この本はザックリ言うと、ホリエモンが医者に取材して書いた本。

この本には全人類に1度は目を通してもらいたいくらいありがたい内容が詰まっている。

これを読み、行動するだけで、すぐに胃がんで死ぬリスクを下げることができる。

本当に。過言ではない。それほど胃がん、ピロリ菌について丁寧に書かれている。

しかも一般人でも理解できるようわかりやすく書かれている。

ネタバレになってしまうので、多くは語らぬが、少しだけ、自分なりに気になったことをまとめて共有。

あとは本を買って詳細を知ってください。

以下、特に自分が面白いと思ったことをザックリまとめたもの。

日本の生命保険加入率89.2%。
生命保険に金かけるなら検診、予防医療などに金をかけたほうがいい。
死んだ後のことよりも、自分(命)への投資を優先すべき。
なのに———
生命保険加入者が約9割もいるということに驚き。

で、
「胃がん」の原因は、99%が、ピロリ菌。
ほぼピロリ菌のせい。
ピロリ菌検査をしていれば(もしヤバくても消毒とかしていれば)、胃がんは簡単に防げるということ。

ピロリ菌くんは酵素を出しながら、胃の中の強酸を、アルカリ性で中和させながら、しぶとく生きている。
恐ろしい。
恐ろしいぞ。
完全なる偶然か、それともピロリ菌には知能があるのか。
やばい。
やばいぞ。

そして、本書で特に面白かったのは、「ピロリ菌が原因だ!」と最初に証明した学者の話。
バリ・マーシャルという学者。「ピロリ菌が原因だ!」と言い張るが、周り(世間)は信じてくれない。馬鹿にされるだけ。

そこで、バリ・マーシャルは、まず自分の胃にピロリ菌がいないことを確認し、その後、ピロリ菌を飲んだ。
飲んだ。
飲んだ。
そして、胃炎になった。
バリ・マーシャルは自らピロリ菌を飲み胃炎になるという体を張った証明を成し遂げた。
学者やばい。
バリ・マーシャルやばい。
情熱がやばい。

以上。

俺氏は、この本を読み終わったあと、すぐに検査キットを使った。

そして結果は陰性だった。安心。

本を買ったら検査キットもついてくるので、かなりお得。

また来年も検査しようと思っている。

ピロリ菌検査キットのレビューは以下。

『ピロリ菌やばい』の本が気になる人は以下からどうぞ。

それでは、しばしの別れ。

広告