『ピロリ菌 検査キット』を使ってみた。

ミニマリストにまつわる記事【一覧】 医療、健康、フィットネス… 推しアイテム

「ピロリ菌の検査キット」を試してみました。

今回使った検査キットは以下の物です。

『ピロリ菌 検査キット』の現物はこちら。

まずは写真を貼ってゆきます。

写真おしまい。

『ピロリ菌 検査キット』の注文方法。

まず検査キットを以下から注文。

これは、

検査キット+ピロリ菌の本

でセットになっているものです。

次に、検査料を払います。検査料の払い込みは以下のサイトから可能です。

予防医療普及協会

『ピロリ菌 検査キット』の使い方。

使い方はとても簡単で、フタつきのキットがあるので、そのキットに尿を入れるだけです。

入れたらカチッとフタをしめる(フタがしっかりしていて、漏れることはない)

で、キットを切手不要の封筒に入れる。

あとは、ポストに入れるだけです。

結果は、郵送で届く。webでも確認できます。

検査キットと同封されている紙にQRコードがあって、無料会員登録すると、webでも検査結果を確認することができるのでおすすめです。

登録した場合も、郵送で結果は届きます。

結果は郵送で届くので、面倒な人はweb会員登録しなくてもいいですが、webだとマイページに記録が残るので確認が楽ですよ。

ちなみに検査が終わったらメールで通知が届きます(検査キットを受理した時もメールがくる)

『ピロリ菌 検査キット』の検査結果。

検査結果は陰性でした!

ちなみに、こんな感じで結果が書かれている。

(全体を写したいところだが、個人情報たっぷりなため、割愛)

『ピロリ菌 検査キット』は病院へ行くのが面倒な人におすすめ。

病院に行かなくても検査を受けられるので最高ですね。ネットで検査キットの注文と検査料の支払いが簡単にできますし。

検査キットと本と検査料を含めても4300円くらいですから。ぜんぜん安いですよね。だって病院で検査するとなると、検査料の他にも交通費がかかりますし、時間や手間も発生します。だから自己投資としてコスパ良すぎです。

以下、予防医療普及協会のサイトです。

予防医療普及協会

検査キットの購入はamazonとかでも可能です。

ピロリ菌について詳しく書かれた『ピロリ菌やばい』の書評は以下。

同じく予防医療普及協会の『Tf大腸がん簡易検査キット』が気になる人は以下からどうぞ。

『糖尿病検査キット』の詳細は以下からどうぞ。

それでは、しばしの別れ。