「情報で補える経験」には、経験する価値がない。

ざわめき

経験(体験)に投資することは

とても大切なんだけど

経験しなくても

情報のみで

十分に理解できて

簡単に予測がつくこと

って

結構たくさんある。

でも

それを

なんでも

「やってみなきゃわからない」
「最後までやったらきっと何かがあるかもしれない」

などと

なんとなくの気持ちで

なにも調査すらせずに

断定的に

思い込みでやって

損しちゃっている人間が

この世界には、たくさんいる。

時間は有限。

タイムイズライフ。

リソースは限られている。

そんな中で

なんでもかんでも

無駄なことまで経験してしまっては

もったいないが過ぎる。

例えば———

Fラン大学に費やした大金と

4年という時間。

これをかけて得られるもモノ。

そんなものは

経験せずとも

簡単にわかってしまう。

多くの人には、無駄。

なのに

「とりあえずいっとこ」

で闇雲に通う人間は本当に多い。

4年間で多額の学費を払い

もしくは

借金をしておきながら

そして

4年という大きな時間。

それを犠牲にして

よくわからない

中卒でも高卒でも

簡単に受かりそうなところに

就職してしまう

(しかも全く興味のない業界)

そんな哀れな人間を

これまで数多く見てきた。

正直いって、完全に無駄。

目的に対してのコストが高すぎる。

4年という時間

そして金

もったいないが過ぎている。

もちろん、例外はある。

「自分の目指すところへ行くためにはFラン大の卒業資格が必要」

というのなら行くべき。

でも

そうじゃないなら

その「大卒」という

ブランドスペックは無意味。

———これは、ほんの一例だが

経験しなくても未来がわかる

結果がわかるような事。

完全にはわからなくても

大体は想像がつく事に関しては

情報だけで補える。

経験(体験)というのは

情報では補えない事

するべき。

もしくは

本当に好きでやりたい事。

のみ。

理想論でいえば

すべてを経験できたらいいのだが

それは完全なる理想論。

現代においては、

100%不可能なこと。

限られたリソースの中で

なにを経験するか。

どう時間を使っていくか。

闇雲になってはだめ。

しっかり考えて

リソースをあてるべき。

同時に

情報収集能力を上げ

情報で補える幅を広げてゆく。

ただ

経験(行動)の回数を

減らしてしまうのも

またそれは問題ではあるが。

それはまぁケースバイケースで

トレードオフな話になってくるでしょう。

それでは、しばしの別れ。

広告