不便なチャットが最高に楽しかった思い出。

ざわめき 日記 & 小説

昔、ガラケー時代のこと。

2ちゃんねる以外にもチャットが存在した。

チャットのサービスは色々とあったみたいだが、

俺氏が愛用していたサービスは『00HPメイカー』というもの。

俺氏と同世代の人間なら共感できるかもしれないが、この『00HPメイカー』は、かなり流行った。

『00HPメイカー』というのは、ホームページを超簡単につくれるサービスで、当時中学1年生の俺氏でも簡単にホームページをつくることができた。

その中の1機能として、『チャット』があった。

しかしこのチャット機能、リアルタイムで更新されない(笑)。

携帯の更新ボタン(PCならf5)を押さないと反映されない。

会話中、何回も更新ボタンを押さなきゃ会話ができない。

今となっては不便すぎるし誰も使わないだろう。

でも、その不便さの中に俺氏やその友人たちは楽しさ、中毒性を抱いていた。

チャット仲間で会話が盛り上がっている時、何度も何度も更新ボタンを押した。

チャットの投下タイミングというのは、チャットの醍醐味のひとつで、タイミングが悪いとちょっとしらける時があるし、かなり重要。

あとはやはり面白いチャットの投下を今か今かと待ち望んでいるので興奮ぎみに更新ボタンを連打していた。

今となってはスカイプやLINEなど、リアルタイムで会話ができるチャットサービスは当たり前のように普及している。

チャット以外にも、SNSが大盛り上がりだ。

その気になれば簡単に知人以外と繋がれるしオフラインで会うことだってできる。

日本人どころか外人にもね。

だからなのか———

昨今、正直ネット上で会話をしていても、なんにも面白くない。

昔味わっていたチャット(インターネット上)での会話に興味がなくなったし面白みを全く感じない。

自分の知らない人間と繋がれることに喜びを感じなくなった。

昔はあんなに新鮮でドキドキしていたのに。

これは単に飽きただけなのか、それともインターネットを使う人間が増えたことで全体的に民度や会話の「質」が下がりウンザリしているからなのか、よくわからない。

ただまぁ、今後は年末の格闘技を見ながらチャット上で大盛り上がりをしたり、年越しの0時間際にインターネットが不安定になってチャットがまともに使えなくなったり、2時間くらい前に投下したチャットがタイムラグで未来に反映されるというハプニングとかを楽しむことはないんだろなぁとは思う。

これから我々はインターネットに何を求めてゆくのだろう。

ね。

じゃあ———今日はこのへんで。

それでは、しばしの別れ。

PS…

『00HPメイカー』なのか『00アイランド』なのか、どっちか忘れました。

広告