【YouTubeの広告はブロック!】軽量ブラウザ『Brave』を使ってみた。

インターネット、webサービス… ミニマリストにまつわる記事【一覧】

アイキャッチ画像提供:『iStock』 Suwaree Tangbovornpichetさん

Brave』の評判が気になりまよね。

ということで———

『Brave(日本語版)』のレビューをしてゆきます。

『Brave』のメリット。

pcを操作する女性
画像提供:『iStock』 GaudiLabさん

『Brave』のメリットを紹介してゆきます。

広告をブロックしてくれる。

アドセンスなどの広告はもちろん、youtubeの動画広告もブロックしてくれる。

音楽やラジオを聞いていても広告に邪魔されない。

特定のページだけ広告ブロックを解除することも可能。

検索エンジンをGoogleにできる。

デフォルトの検索エンジンを『Google』にできる。

『Bing』とかも選べる。

スマホでもブラウザの上部にタブがある。

スマホでもブラウザの上部にスライド可能なタブが表示されている。

おかげで、1タップ節約することができる。

タブを選ぶページに行かなくても選択ができるのでかなり効率的。

Choromeのパスワード等を引き継げる。

chromeのパスワード、ブックマーク、拡張機能などが引き継げる。

(タブの並び順とかも正確に)

ただし、スマホの場合はパスワード等の引継ぎがされない。

バックグラウンド再生できる。

YouTubeの動画をバッググラウンド再生できます。リストを作って流し続けることも可能。

YouTubeを再生しながらネットサーフィンしたり洗い物とかをしたりできるのでおすすめです。

『Brave』のデメリット。

スマホを操作する女性
画像提供:『iStock』 RollingCameraさん

『Brave』のデメリットを紹介してゆきます。

保存先を選択するポップアップが遅い。

ダウンロード時に「保存先を決めるポップアップ」が開かれる。

しかし、ソレが開かれるのに2~3秒くらいはかかってしまう。

保存する時、トリプルクリックしても全選択にならない。

細かな話だが、キーボードのショットカットキーが面倒な時や、マウスでの全選択が面倒な時なんかは、

トリプルクリック(トリプルタップ)で全選択するのだが、

トリプルで全選択にならない。

はい。

以上!

「広告なんかに金や時間を使いたくない!」という方は是非『Brave』を試してみてください。無料なのでリスクはありません。合わなければアンインストールをするだけです。

それでは、しばしの別れ。