床掃除は、命の無駄遣い。床拭きロボット『ブラーバ』を紹介

ミニマリストにまつわる記事【一覧】 家具、家電、ガジェット… 推しアイテム

床掃除に使う時間があるならその分をビジネスや趣味に充てたほうが豊かな人生を送れます。

ということで、床掃除は「床拭きロボット」に任せましょう。

今回おすすめする床拭きお掃除ロボットはブラーバ ジェット 240です。ミニマリストの私も実際に愛用しています。

床拭きロボット『ブラーバ』を紹介。【まずは現別を写真で見て!】

じゃあ———
まずは写真を。

以上、写真おしまい。

『ブラーバ』のメリット。

じゃあ『ブラーバ』のメリットを書いてゆきます。

隅々まで床を綺麗にしてくれる。

ボタンを2回押すだけで、後は勝手に掃除をしてくれる。

フローリング上を動き回り、壁に当たったら一度動きは止まるが、すぐに壁を避けるようにまた掃除を勝手に再開してくれる。

高スピードで動き回るわけじゃないので、衝撃は大きくない。だから壁に当たっても壁に傷がつくことはない。

よく、

「ルンバは隅に弱い」
「隅は掃除してくれない」

という声を聞くが、ブラーバは大丈夫。隅、壁際も丁寧にゆっくり拭いてくれる。壁を沿ってチマチマ動いてやってくれる。かなり頭がいい。

初期投資が安い。

こんなに優秀な床拭きロボットなのに、かなり安く買える。

Amazonとかペイペイモールなら、だいたい27,000円とかで買える。

27,000円で床掃除から解放されるなら安い安い。

ランニングコストが、ほぼ無料。

クイックルワイパーは毎月ドライシートやウェットシートとかでコストがかかってしまうが、ブラーバはモップを洗えるので何度でも使える。最初に27000円を払えばあとはほとんど無料みたいなもんです。

洗えるモップは公式で買うと、2~3枚で、2,970円~4,400円かかる。

でも非純正であればもっと安く買える。

例えば以下の物だと、6枚で1699円だったり、3枚で1099円で買えたりする。

実際に使ってみたが問題なく使える! 使い終わったら洗濯機に放り込んで終わり。

ということで、わざわざ純正を買う必要はないですよー。高いんで!

かわいい。

見た目もかわいいし、声もかわいい。

丸みのある正方形でかわいいし、マヌケな「ピポポー★」みたいな声もかわいい。

そしてやはり、部屋の中で動いているその光景が、かわいい。

『ブラーバ』のデメリット。

『ブラーバ』の、デメリットを書いてゆきます。

カーペッドにのぼる。

カーペッドの上を堂々とのぼる。たまにのぼらないけど。

なので、カーペッドを敷いてる人にはおすすめしません。もしくは工夫が必要です。

予備バッテリーが必要。

ザックリな話、1つのバッテリーで「1LDK1〜2回分」と捉えておくとよいです。満タン充電しても何日も持ちません。毎回使い終わったら充電するみたいなほうがいいです。

だから、広い家庭で使う場合は、ブラーバが稼働中に予備バッテリーも充電しておく必要があります。

予備バッテリーは公式で買うと、7,700円もかかってしまう……。

なので、非純正のバッテリーがおすすめです。安いのだと2千円台からありますよ。

私が愛用している非純正バッテリーは現在販売終了されてるっぽくて紹介できないです、すいません。

はい、以上でレビューおしまいです。

その他の詳細は以下よりご確認ください。

それでは、しばしの別れ。