ベッドで快眠は難しい。「緊張感」があるからね。

ざわめき

ベッドで質のよい睡眠はとれないと思っている。

なぜなら———

ベッドで眠るということは、緊張感を高めるから。

なぜ緊張感が高まるか?

それは———

ベッドには、高さがあるから。

だいたいのベッドは、落ちたら痛いくらいの高さがある。

もしくは人や場合によってはケガをしてもおかしくない。

それくらい、ベッドには高さがある。

ローベッドならケガのリスクは低いと思うので、ここではローベッドは話に含まない。

ただまぁ、ローベッドでも落ちたら腰を痛めたりするけどね。

で———

落ちたら痛いしケガをする可能性が十分にある高さを誇るベッドで眠るということは、当然、緊張感が生まれる。

「落ちたら痛い」とか「落ちたらケガをする」というリスク(恐怖)に対しての緊張感をまといながら眠らなきゃいけないので、結果的に「よい睡眠」はとれない。

と———

こんなことを言うと、

「そんなさぁ、滅多に落ちないでしょ」
「寝相悪くないし大丈夫」

こんな風に思う人もいるかもしれないが、その思考は間違っている。

なぜ間違っているか、それは———

リスク(恐怖)などを意識していなくても、

例え眠っていても、

人間の脳みそは完全に動き(思考)を止めるわけじゃない。

常に脳は動いている。無意識的に。

だから———

われわれは、無意識に落ちないよう気をつけている。

つまり———

気張っている。

「寝返りしたいが落ちないように寝返りはやめとこう」
「あと7センチ動いたらヤバいぞ」
「あぁあとちょっと動いたら落ちるから移動しないと」

こんな感じで、気張っている状態が無意識的に睡眠中ずっと続くので、気疲れしている。

無意識な気疲れ。

という理由から———

ベッドを使うということは、無意識的な気疲れ(緊張感)を引き起こし、睡眠の質を下げてしまう。

という俺氏的理屈。でした。

だから、わざわざベッドを使う必要はない。

ベッド部屋にあっても邪魔だし。

5㎝のエアリーマットレスとかを床に敷いて寝るのとベッドで寝るのも体への負担はほとんど変わらないでしょ。

寝袋で寝てる人もいるし、何も敷かずに寝てる人もいるし、ケースバイケースな話にはなるが、ベッドの優先順位はべつに高くはない。

だから

睡眠=ベッド

みたいな固定概念はやめたほうがいい。

どうしてもベッドがいいなら、せめてローベッドでしょ。

睡眠の質を高めるためにせっかく投資した寝具そのものが睡眠の質を下げる原因になってしまっては本末転倒。

できるかぎり緊張感やノイズなどのうざったい要素を潰していき、よい睡眠をとっていこうではないか。

という、ざわめきでした。

それでは、しばしの別れ。

広告