バスマットや珪藻土バスマットを持たない理由。【断捨離】

ミニマリスト

バスマットは遥か昔に、珪藻土マットは3年くらい前に断捨離した。

ということで———

ミニマリストである俺氏が断捨離した理由をざわめく。

バスマットを断捨離した理由———

バスマットは衛生面を考えると毎回洗わなきゃいけないので怠い。

大きいし分厚いし洗うのも乾かすのも時間がかかる。

乾燥機を使えばいいと思うかもしれないが、根本的な話、バスマットを使うなら、タオルを敷いて使えばいい。

それで事足りる。

タオルなら管理が楽だし。

洗うのも乾かすのも。収納も。

珪藻土マットを断捨離した理由———

珪藻土マットは洗わなくて済むのでよい。

使用後、壁に立てかけて、通気させるだけ。とても楽。

ただやはり———

水分がたっぷり含んだ素足でソレを踏みつけるということは、いくら珪藻土が乾きやすい材質とはいえ、雑菌の繁殖が気になってくる。

あと垢や皮脂とかも。

となると———

定期的に拭き掃除をしなければいけない。

もし珪藻土マットが無ければ、本来は発生しない「珪藻土マットの拭き掃除」というタスクが発生してしまう。

そして、壁に立てかけるということは、床掃除の時に動かさなきゃいけなくなる。

あと、段々と劣化してくるので、定期的にサンドペーパーとかでやすらなきゃいけない。

あぁ———

これは面倒が臭すぎる。

もうさ、タオルでいいじゃん。

バスマットを2~3枚持って使いまわすよりは珪藻土マットを使った方が楽。

でも、珪藻土マットを使うくらいなら、ただのタオルを使ったほうが圧倒的に楽。

だってバスマットとかの役割ってさ「足の裏についた水分を拭き取る」じゃん。

水分を拭き取るだけなんだから、そんなのはさ、タオルで済むよね。

体を拭くタオル。そのまま使う。

タオルで体についた水分を拭き取ったら、そのタオルを床に敷き、ソレを踏みつけて、後は包むように拭くだけ。

これでいい。

こんなことを言うと、

「水が床に落ちるじゃん!」

と言ってくる人がいるが———そんなことはマジでどうでもいい。

だってバスマットを敷こうが珪藻土マットを敷こうが、どちらにせよ体についた水は床に落ちるのだから。

どうせ後で床に落ちた水をタオルで拭きあげるのだから。

体や足の裏の水分を拭き取った後、そのまま床を≪バァーーーー≫っと軽く適当に拭けばいい。

ていうか———

「体についた水分をタオルで拭き取る」という行為は、浴室内で済ませておけばいい。

そうすれば、わざわざ床を拭かなくて済む。

浴室内で体を拭いた後、そのタオルを≪ヒョイッ≫と投げるように外へ(床に)広げて、踏み踏み。

これでいい。

こだわりがないなら、こだわるな。

「どうしても……どうしても珪藻土マットを使いたい!!」
「あの足を置いた時の感触が本当にたまらないんだよ……!!」
「珪藻土マットのない人生は、人生じゃない!!」

みたいな感じで、珪藻土マットが大好きで特別なこだわりがあるなら、自分の人生においてソレが大切な要素であるならば、もうそれは日々の効率とかは無視してでも珪藻土マットを使えばいい。

でも、そうじゃないんなら、バスマットや珪藻土マットに特別なこだわりがないんなら、わざわざソレラを持つことにこだわる必要はない。

こだわることで、むしろ、人生を不幸にしている。

特別なこだわりがないくせに、無駄なタスクを発生させるなんて馬鹿馬鹿しい。

金・時間・労力・神経の無駄遣い。

いつも使っているタオルで事足りるのに、わざわざ他の物を持つ必要はないよね。

———以上。

俺氏がバスマットとか珪藻土マットを断捨離した理由でした。

珪藻土マットは確かに気持ちよいけどね、特別なこだわりがないのでこだわりません。

はい。

ちなみに———

俺氏がいつも使っているタオルは以下。

これは全身を拭くのにじゅうぶんなサイズ。

(バスタオルはデカいので使いたくない。管理が怠い)

あと洗面所とかで手を拭く時もこのタオルを使っている。

大きすぎず小さすぎず使いやすいサイズ。

我が家(夫婦2人暮らし)はこれの10枚セットのやつを買った。

使ったらすぐ、頻繁に洗濯している。

乾燥機があるのですぐ乾く。

だから10枚で上手くまわっている。

安いしサイズちょうどいいしフカフカだし気に入ってる。

気になる人は以下から詳細を見てみて。

それでは、しばしの別れ。

広告