順位の風潮。マジ摩訶不思議。

随筆

 順位を聞かれると困る。

「一番すきな食べ物は?」
「一番すきな肉は?」
「一番すきなお酒は?」
「一番すきな歌手は?」
「一番おもしろいと思った映画は?」

 ……そんなの気分による。
 一番とかない。ジャンルも異なる。比較対象にならない。だから順位はつけれない。

 というか根本的な話、わざわざ順位をつける意味がわからない。つけてどうするの。何故そんなにも『順位』が気になるのだろう。ほんとに興味あるの。絶対ないでしょ。そんな曖昧な回答に。

「犬派? 猫派?」
 何故どちらかの派閥に入んなきゃいけないの。
 どっちもかわいいと思うし、どっちもまぁまぁ好きだよ。
 しかもなんで二択。カワウソも混ぜてよ。シマリスも混ぜてよ。コールダックも混ぜてよ。
 とにかく『派』とかないから。
 可愛い動物に癒されたい時は、見たいのを見る。それだけ。

「そば? うどん?」
 別物でしょ。
 だから、なんなの、その二択。
 麺類っていうところにしか大きな共通点はないよね。
 麺類なら他にもあるでしょ。
 ラーメンとかつけ麺とかソーメンとかパスタとか。
 どちらにせよ比べれないよ。別物だも。
 何故そばとうどんを比較させたがるの。
 もし一位がそばで二位がうどんだったら君はどうなるの。

「マックのポテトとケンタのポテトなら、どっちが好き?」
 太いポテトが食べたい時はケンタを選ぶし、細いポテトが食べたい時はマックを選ぶし、塩味以外が食べたい時はロッテリアを選ぶし。
 たしかにどれもポテトだけど、味も香りも食感も別物でしょどれも。

 まぁそんなかんじで。順位を聞かれると困る。
 変な質問しないでよ、ってね。もっと別のこと話そうよ、ってね。
 気分によるしジャンルも異なり順位をつけれないような質問を平然とし合うこの国の風潮マジ摩訶不思議です。

 そういえば、むかし小学生から「ねことふうせん、どっちがすき?」って聞かれたことがある。マジ摩訶不思議。